タクシードライバーに転職した人たちのお話

私は営業職からタクシー業界に転職をしてタクシー運転手の魅力がわかりました。

タクシー運転手の魅力は自分が頑張った分だけ給料がよくなります。

しかも、タクシーが魅力的な所は普通のサラリーマンと違って、気楽に仕事ができるところです。営業所を出発すると後は個人で仕事をするので、誰からも拘束されることはありません。お客様と会話をするくらいなのでこんなに気楽な仕事は他にないと思います。お客様に気に入っていただくと指名してもらえて安定してお金を稼ぐことができます。

タクシーは他の業種から転職する人も多くいます。私も営業職から転職しました。営業をしていたのでお客様との会話がなれているので、多くのお客様から指名をいただいています。タクシーの運転手は近距離のお客様にたいして、あまりいい顔をしない人が多いので、私は近距離でも笑顔で接するようにしています。

普通に笑顔で挨拶をしていたらチップも貰えることがあります。私はお客様のチップだけでも1日1000円くらいになります。接客業なので笑顔は大切なことだと思います。今のサービス業でチップがもらえる仕事はタクシーだけだと思います。近距離のお客様を大切にしているとお客様が遠出をするときに指名していただくこともあります。

私はいつも指名をいただいている近距離のお客様から連絡が入りとなりの県まで行きたいのでお願いしますと言われて2万円の仕事をさせていただきました。お客様を大切にしているといいこともあります。

タクシーの業界は慢性的な人手不足が続いています。タクシーの運転手も高齢化していてこれから先、人手不足が深刻化していきそうです。人手不足の今はチャンスだと私は思います。

タクシーの運転手不足でタクシー乗り場にタクシーがなくお客様がタクシーを待っている状態が最近よく見かけられます。駅構内などタクシーがほとんど止まっていません。全国的な高齢化で運転手が不足しているからです。

私も営業職から転職をしてタクシーで生計を立てられるのか不安だったのですが、タクシーの需要は今意外と増えているのです。高齢者がタクシーを使う頻度が増えてきていることもありますが、若者が車を買わなくて、タクシーを利用する人が最近多く目立ちます。車の維持費などを考えたらたまにタクシーを使ったほうがよいと思う若者が増えてきているのです。

タクシー業界は暇でお金にならないと言われていますが、それはタクシーの運転手になる人が減ってきているからです。観光地では特にタクシーの運転手が不足していて、タクシーの職業を選びのなら地方の観光地などが売り上げがいいとと思います。

地方のタクシー運転手不足はかなり深刻でタクシーが動いていない現実があります。これから先、サラリーマンをしていても会社、都合で退職を余儀なくされる人も増えてくると思います。

私もそうでした。40代を過ぎたらなかなか仕事も見つかりません。タクシー運転手は二種免許と地理の試験に合格したら気軽に仕事が始められます。勤務時間も自由に選べますので中高年の人にはお勧めの仕事だと思います。サービス業経験者の方や営業経験者の人にタクシーは向いていると思います。

女性運転手も最近増えてきて女性を指名するお客様も最近多いようです。女性だと安心できると思うお客様も多いので、女性の転職先としてもタクシー運転手はねらい目の職業だと思います。

タクシーは高齢になっても続けられる職業なので、安心して続けられる仕事です。70歳を過ぎたタクシードライバーも多く活躍していて健康で運転できる人なら何歳でも活躍できると思います。毎日いろいろなお客様と出会えるのでやりがいがあり、チャンスもあります。

私は月に50万円ほど売り上げて22万円の給料ですが、30万円以上稼いでいる運転手もたくさんいます。自分のやり方と工夫次第でお金を稼ぐことができる業界だと思います。

タクシー運転手の仕事は、自由、自分だけの空間を得れるのが魅力です

日本には、多くの職業、職種があり社会人になると勤務する義務があります。大企業から中小企業、有名企業や自営業など、1つの会社に一生勤務する人もいるようです。働く魅力として、やはり収入を得られる事で、ご飯が食べれたり欲しいモノが買えます。また、年に数回頂けるボーナス、寸志は会社員にとってうれしい行事です。しかし、多くの収入を得るには、人脈、学力、技術、知識、資金などが必要になります。そんな仕事の中で、学力がいらなく趣味を活かせる職種があります。車の運転が好き、いろんな場所へ行ける仕事としてタクシー運転手が挙げられます。

タクシー運転手の職業は、市街地や駅前で見かける事が多いはずです。車は、日本の高級車であり車両には、会社名が入っています。運転している人は、スーツ姿にネクタイを着用して紳士的な装いが特徴です。大人なら一度は、利用をした事があり生活に必要な仕事になります。タクシー運転手の仕事をするには、普通免許プラス第二種免許が必要です。しかし、求人募集をしているタクシー会社に入社するには、普通免許だけでも可能な会社は多くあります。入社後に、2種免許の取得を支援してくれるなど、運転歴が3年あれば安心です。そんなタクシーの仕事は、意外と魅力が多く憧れる人が増えているようです。

女性ドライバーもいて、街の中をスムーズに走る姿に共感を得たりします。まず、ドライバーにのなる人の多くは、団体行動が苦手であるため個人で行う仕事を希望するようです。タクシーの仕事は、車の中では自分の空間でありお城になります。自分だけの世界を好きな車でいられるのは、個人で行う仕事の特徴です。また、意外と楽しいのが、車に乗せるお客とのやりとりです。若い人から中年、社長や有名人など、いろんなお客が利用してきます。お客が全くいなく退屈な時ほど、手を挙げてきた人が神様になります。行き場所を聞き、距離が遠いほどドライバーはうれしいです。

そして、お客と仕事の話や世間話をして話題で盛り上がる事もあります。スポーツ選手や芸能人を乗せれば、楽しい裏話を聞く事も可能です。普段の生活では、出会えないような人を乗せる事は、タクシー運転手になってよかった瞬間になります。また、職業柄、市街地や地方に行くため新しく出来たお店などを知る事ができます。定食屋、ラーメン屋、ケーキ屋などの情報を、お客から得る事もあり物知りになりやすいです。得た情報をタクシードライバー同士で交換して、仕事が終わって立ち寄る人も多いです。タクシーの仕事は、多くの人と接するほど知識や情報が得やすくなります。

さらに、車の運転が仕事であるため、会社勤めのように同じ場所にいる必要がありません。市内から、数万円払うほどの県外へ行く事もあり毎日いろんな場所へ行けるはずです。工場勤務のようなマンネリが少なく、自由な空間がタクシーの仕事になります。そして、タクシー運転手は、基本会社の社員として働きますが、個人経営も人気です。個人タクシーの資格を取得して、車を保有すれば自営業という形のオーナーになれます。タクシー会社の社員は、数年前まで固定給+歩合給で給料を頂けるシステムです。しかし、近年からほとんどの会社は、歩合給になり実力次第でお金を稼げるようになりました。

しかし、個人タクシーの運転手は、一日稼いだ分の収入はすべて自分が頂けます。会社勤務より、さらに自由に車を運転したい人は個人タクシーを経営するのもオススメです。普通の会社員からタクシー業界へ転職する人も多く、都会ほど需要は高くなります。利用する人の多くは、車の室内が落ち着く、心地よいと感じています。コツを掴めば、安定した収入が得られる職種として注目してみましょう。

やればやっただけ収入につながる実力の世界 !

私がタクシー業界に転職した理由は、ずばり、稼ぎたかったからです。それまでやっていた商売を事情でたたみ、さてこれからどうしようと考えていた時に、タクシー乗務員の募集広告が目に入りました。
家族がいて借金もあったので、普通に就職したのではどう計算しても収入が足りません。募集広告で一番印象的だったのは、能率給であるということです。初心者やプロに関わらず、やればやっただけ給料が上がるのは、労働意欲をそそります。
比べ方によりますが、他の職種の初任給と、タクシー乗務員として頑張った場合では、1.5倍程度の差がつきます。今までやっていた商売以外にスキルのない自分にとっては、まさにチャンスだったのです。

早速応募し、面接に至りました。次に、タクシー乗務員として当然必要な普通二種免許の取得です。不安でしたが、会社を通してスムーズに教習することができ、思いの外早く取得できました。
私が一番心配だったのは、実際に走ろうとする地域の道路地図でした。配車係に相談したところ、「大丈夫、最初から道を詳しく知っている人などいない。田舎から来てまったく知らない都内を走っている人もたくさんいる。まずはどんどん走ること、そうすればすぐに覚えるし稼げるよ」と優しく指導してくださいました。

私が主に走ったところは東京の東北部でした。やはり最初は不安でいっぱいでした。お客さんを乗せるのはいいが、道を間違えたらどうしよう、本当に走れば稼げるのか、などビクビク運転しているような感じでした。
路上で待っていたお客さんに手を上げていただくと、嬉しいものです。と同時に緊張します。しかし意外だったのは、道を間違えそうになるとお客さんが指示してくれるのです。また、乗車時に目的地を告げられても道がわからず、それを正直に言うとお客さんが最短距離を知っていることが多々ありました。こうして教わりながら、また、こつこつと走っては道を覚えることができました。

道を覚えていくにしたがって、走る不安はなくなっていきます。そして自信が持てるようになり、仕事がだんだん楽しくなっていきます。配車係からは、「駅待ちはするものじゃない、稼げないよ」と言われていたので、お客さんがつかなくてもひたすら走りました。先輩乗務員からは、「山手線をジグザグに走るといいよ」、「お客さんがつくポイントと時間は走るほどわかる」とも言われていました。
確かにそれらの教えは適切でした。もちろん波はありますが、少しずつ売り上げが上がっていったのです。忙しい日は、お客さんを降ろしたと同時に手を上げられる、が一日に何度もありました。そして、次はどこを走ろう、そこでつくお客さんは例えば下り方面だろうから、そこで周回してみよう、など想像しながら走るのが楽しくなりました。

特に夜の割増時間帯は稼ぎ時です。この時間にいる場所によって大きく売り上げが左右されることがあります。1日の3分の2ほどを稼ぐこともあるのです。
表現は良くないですが、あちらこちらを短時間で何件も集金に回っているような気分になります。

最も嬉しいのは、昼夜問わず、長距離走行のお客さんに当たった時です。東京はそれが最大の魅力です。1万円を超えることは珍しくなく、時に高速道路を使って数万円というのもありました。

余談になりますが、上機嫌な酔客からチップをいただいたことがありました。また、どこかで見たような顔や聞いたことあるような声の、有名人と思われる方も、数回乗せたことがありました。
おいしい御飯屋さんやレストランがある場所にも詳しくなります。

実車中は、運転や会話などに気を使います。道を間違えたり、遠回りしてしまった時は叱らることもあります。また、深夜2時過ぎになってお客さんが引いた頃、乗務の疲れはピークに達します。
一方で、不特定多数の方とお話ができるのは案外楽しいものです。失敗は素直に認め、謝ればいいのです。空車になったらリラックスし、仮眠を取れば心身は休まります。
何より、業務を頑張っただけ収入は自分に返ってきます。少しでも厚い給料袋を見れば、またやる気になるというものです。

タクシー運転手は地域によって収入が変わってきます。また、酔っ払いのお客様が多いです。

私は路線バス運転手からタクシー運転手へ転職しました。

バス運転手もお客様を乗せて運転するお仕事ですが、バス停が多く、多い路線ではで88ヶ所もあり、また夜になるとバス停が見えないこともありました。

タクシー運転手へ転職してからは、お客様から「○○までお願いします」と、目的地が一つなのでその点では、バス運転手より気楽になりました。収入に関しては私の地域は都会ではないので、正直タクシー運転手だけで生活するには少々キツイです。また、24時間勤務もありますが、合間で仮眠ができますので特に苦ではありません。夜になると酔っ払いのお客様が多いので、中には少々面倒なお客様もいらっしゃいます。中には、飲んでいい気分になったお客様と車中で面白い会話をしながら送迎することもあります。よく、飛ばして走るタクシーを見かけますが、タクシー運転手=プロドライバーなので、私は速度よりもお客様に負担のない運転を心がけてます。

タクシー運転手は、お客様を目的地まで送迎することでお金をいただいておりますので、自分の運転が商品となります。なので、私は質の良い運転をお客様に提供して、また使ってもらえるように思ってもらえらため、日々奮闘しています。

他業種と違い、拘束時間や、収入面、仕事内容などは劣る部分はあるかと思います。また、各タクシー会社によって内容は異なりますが、一番は自分に合っているかどうかだと思います。タクシー運転手になってよかったなと思うことは、バスと違い、知らない地名などをお客様に言われた場合、お客様からナビゲートしてもらいながらできるというとこです。私は過去に高速バスにも常務していたことがあり、高速バスで途中の経由しなければいけないところ忘れてしまい、車内が騒ついていて気がつきました。次のインターチェンジで降りたのですが、ここからどうやって行けばいいのか分からず、そのときはマイクアナウンスでお客様から聞いてしまいました。

もちろん、会社に戻ってから厳しく叱られ、始末書も書かされました。タクシー運転手はその分、気楽です。

バス運転手に比べ収入は落ちましたが、毎日気楽にお仕事ができることがいいです。あとは、お客様からありがとうと言ってもらえると、嬉しいです。

これからタクシー運転手へ転職される方は、応募前に給料面や、勤務時間などを調べておく必要があります。

大体の会社は売り上げの4割が自分の収入になりますので、都会や繁華街などがある地域ではやりがいのある職業です。私の住んでいる地域は田舎ですので、平日はあまり稼げません。週末など、飲み会が増える時期になりますと、売り上げは増えますが、都内などと比べると全然です。なので、タクシー運転手へ転職をお考えの方は、都内や、繁華街のある地域など、その地域のタクシー利用状況などを調べておく必要が大事です。

私は現在は辞めてしまいましたが、決して仕事が嫌になって辞めたわけではありません。やはり収入面のほうで、私の住んでいる地域では限界があったので、辞めてしまいました。田舎のタクシー運転手は、どこかの会社を定年退職して、年金をもらいながらやるのが一番ですね。稼げる地域では、若い世代でも充分にやりがいのある職業だと思います。近年、若者の車離れが進んでおり、運転手になりたいと思う若者が少ないのが現状です。

タクシー運転手になるにも、普通自動車第二種免許が必要です。また、近年では運転手養成制度といって、二種免許を持っていなくても、会社で二種免許を取らせてくれる会社もあります。このような制度を導入している会社を探すのも良いと思います。

タクシーは普通自動車と変わらないので、自分で車をお持ちの方は自分で練習もできますし、タクシー会社でも教えてくれます。

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

<グラフ>

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ