タクシードライバー転職経験談

固定給制ではないタクシーの仕事は、自分だけが頼りです。 確かに会社の看板で儲けさせて貰ってる事も事実ですが、普通の会社の様に会社におんぶに抱っこでは損もします。無線配車の仕事を初め、そんな事例は沢山あります。

私が転職したのは無線配車の仕事に係わる事が理由でした。その理由を説明するには無線配車の仕事について理解して頂く事が必要です。そして無線配車の実際を知っておく事はタクシーの仕事を考えておられる方にとって有益ですので、少々長くなりますがご紹介したいと思います。

タクシーの仕事は大きく分けて3通りの方法があります。一つは「流し」や「客待ち」という街中でお客さまを見つける方法で、二つ目は「伝票配車」という会社からの指示により指定のお客様を乗せる仕事です。そして「無線配車」は街中での「流し・待ち」と並行して、営業車に入って来る無線配車に応じて行う仕事です。

先ず「従来」の無線配車について細かく説明します。
お客様から会社の無線室に入る電話での注文が仕事の始まりです。無線室の受付係が、お迎え場所や時間、人数、必要がある時はお送り先などお客様の要望を受け付けます。その注文は配車オペレーターに回って、お迎え場所の近くの目印になる交差点や建物などの名称を無線で全営業車に口頭で呼びかけます。街中に居る営業車の運転手がそれを聞いて自分が目印場所に近いと思ったら、マイクで自分が向かう旨応答します。それを受けた無線室オペレーターが、お客様のお名前やお迎え場所など必要事項を教え、営業車が迎えに走るという手順で配車が行われます。

さて、わざわざ「従来」と頭に付けたのは、10年位前からナビとコンピュータによる自動配車が普及したからです。そしてこの自動配車が私の転職の動機になったのです。自動配車での手続きでは、最新ではお客様の注文時点から違ってきます。携帯電話にある様に、登録しておけば電話が掛かって来ると即お客様の名前が分かります。するとお迎え場所などは尋ねなくてもデータに入っているのでそのままボタン一つで配車が為されます。コンピューターがナビで営業車の位置を常時把握してるので、最も近くに居る営業車を自動で検索して配車を行うのです。運転手側は突然の電子音で配車を知り、ナビ画面にお迎え先の地図が表示されるという具合です。さて、ここまでだと素晴らしいシステムだと思われるでしょう。ところが運転手から見ると、一概に良いと限らないのです。

従来型と最も違う点は、応答するかしないかの選択権の有無になります。無線の仕事そのものは勿論売り上げにプラスになるシステムです。タクシーはその日の全走行距離の半分前後は空車で走っている程に効率の悪い仕事です。その空車距離をいかに実車(お客様を乗せている距離)に置き換えるかが、売り上げアップのコツなのです。
売り上げの優秀な運転手は無線の仕事を上手に入れ込んでいます。慣れて来ると、何時、何所ら当たりで常連客から注文があるかなどが分かってきて、流しの間に無線仕事を取って効率良く仕事が出来るのです。

半面、迎えに到着してから何十分も待たせたり、ヤクザ並に粗暴だったりなど、嫌なお客の時は困りものなので、従来型ではそんな無線は応答せず避ける事が出来ました。また雨降りや週末など忙しい時は次々にお客様が手を上げるので流している方が効率が良く、無線を敢えて取らない人もいます。
ところが自動配車では強制的にナビに配車が入って来るので、運転手の応答の自由は全く無くなってしまいます。私が前の会社をやめたのは、この自動配車の不自由さが理由でした。

会社としては自社を指定して使って下さるお客様が第一だと言います。それは正論です。しかし、歩合制が給料の基本である運転手のとっては、仕事の効率が最重要なのです。自身の売り上げを減らしてまで会社の正論に付き合う義理は無いと考える運転手は沢山います。まして、怖い嫌な客の矢面に立たされるのなどはとんでもない事です。
そんな訳で私は転職したのですが、今の会社に入って数年、この会社も自動無線の導入をしてしまいました。現在、再度の転職を考えています。

個人商店の何らかわりません。そこに様々な人間模様が渦巻き喜怒哀楽をじかに感じれる刺激的な職業です!

 私は主婦からのスタートでした。といいますのも主人が仕事を転々とする中で生計を立てるためには致し方なかったのです。色々ありまして今はバスの運転手をしておりますが、今回は主婦からタクシ-の運転手を始めた時のことを少しお話させていただきます。

 先にも記しましたように主人の転職が続いたせいでひとまずは何かしないといけない事態になり、当時は色々アルバイト雑誌やインターネット等でアルバイトパートを探しておりましたがなかなか条件に合ったところが見つからず、悩んでいたところにタクシーの運転手という求人広告が近所のタクシー会社のガレージに貼ってあるのに目が行きました。元々運転が好きだったこともあったのですが、自分がタクシーの運転手だなんて正直考えられないと思ってましたし今まで想像もしたことのない世界でしたのでためらってはいたのですが、一刻を争う事態に背に腹は代えられず飛び込みました。

 最初は自分が思っていたよりも意外と敷居は低いものだなといった感覚を覚えました。というのも私の他にも女性ドライバーが何人かおられましたし、更に私の目を引いたのが二種免許の取得養成をしてもらえた点です。当時の私は運転免許は持っておりましたが二種免許は持っておりませんでしたので、個人的に取りに行きますといくらかかるかはかりしれなかったのです。

 最初は嘱託運転手扱いで、出勤したらまずは社訓唱和からはじまります。その後点呼をしてその日一日の目標を宣言した後、外でラジオ体操をして先輩社員の方々が出庫されるのを見送ってから自分たちの教習が始まりました。私の職場では二種免許は自社で教習し、免許センターに飛び込み受験する形でした。車持ち込みで練習した結果もあってか二回目で無事合格いたしました。これで晴れて二種ドライバーの仲間入りを果たせた喜びはひとしおだったのを今でも覚えております。しかし、ここからが本番です。

 私の勤務は家庭の事情もあり日勤と言われる時間帯で、午前8時から夕方の5時までの勤務でした。当然夜間の勤務もありその人の相方を務める朝から働いている方もおられる二人体制の働き方もありますが、私はその条件では無理でしたので常に空いてる車を使っての勤務となりました。最初のうちは先輩指導員の横乗りでお客様をお乗せするのですが、これがまた緊張の連続でたまりません。手が上がった瞬間「きた!やばい!」といった感じで正直ずっと手が上がらなければいいのに!と思ってしまうくらい緊張の連続でした。それはなぜかといいますと決定的な「地理不足」でした。

 私の住む大阪でタクシーの運転手になるためにはまず「地理試験」というものを受験して合格しなければなりません。これに合格して初めてタクシーの乗務に就けるのです。受験の前に授業がありそこでしっかりと試験に出る問題を教えてもらうのですが、その時は意外と理解できるのです。確かに試験も一回で合格して自信も持っていたのですが、お客様をお乗せすると一瞬で真っ白になってしまうのです。これには手を焼きました。指導員さんも横でイライラしていたとおもいますが最初は皆そうなるものらしいです。徐々にお客様をお乗せしていくうちに、最初ほどの緊張もしなくなり指導員さんからも一人乗りOKのサインをいただいていよいよ一人乗りのスタートになりました。

この仕事はサラリーマンと違って正味自分のやったぶんが給料に反映されます。さぼった人はそのさぼったぶんの給料になり、休み返上で働いて頑張った人はものすごく稼ぐこともできます。それを良しととるかダメととるかは個人でちがうとは思いますが、私としては自分には合っていたのではいかなと思います。休憩を取るのも自分の自由に取れます。またお客様がつながってなかなかトイレに行けないこともしばしばありましたが、それはありがたいトイレの我慢として記憶しています。

 私はタクシードライバーとして客から運転手側に替わったわけですが、経験することで初めて知ったこの業界のすべてが今の私形成しているといっても過言ではないと思います。全て自分の責任のもとで商売をする。完全個人主義の世界。やる気になればがっちり稼ぐこともできて一日の時間の使い方も自由であり辛いこともあれば楽しく過ごせるときもあり、いろんなお客様のお話をじかに聞くことができる。私は十分に魅力のある業界であると感じてなりません。もし今後また乗る機会があればぜひまた乗務してみたいと切に願っております。

タクシードライバは究極のホワイト職種?!

タクシー運転手は労働環境や人間関係に縛られない非常に気楽な面がある職業の一つだと言えます。しかし、給与に反映させる分はしっかりと自己管理を怠らず、惰性で仕事をしていては稼げない面もありますので、怠け癖のある方は注意が必要です。その分休みも多く、自分の時間が増え、趣味や家族にも費やせるいいメリットがありますので、これまでの会社で何か不満をお持ちの方は是非考えてもらいたい転職先の一つです。タクシー運転手になって給与も増え、自分の時間も増える方も多いのは事実ですので是非考えてみてくださいね。

タクシー運転手の魅力としてやはり歩合給にあると言えます。自分が一日で売り上げた金額の約60パーセントのインセンティブが発生する会社が多く、今まで勤めてきた会社の給与よりもアップしたというお話を聞きます。かくゆう私の友人も今までは30代までアルバイトのうだつの上がらない日々を過ごしていましたが、ひょんな事からタクシー会社に就職し、毎日楽しく仕事をしているとの事です。

もう一つの理由としてはタクシー運転手には隔週勤務という形態があり、一日20時間働く分、次の日は必ず休みになり、月の大半を休みに出来る事もおすすめだと言っております。労働時間が問題視されている昨今、この業態でこの給与を頂けている事に彼は非常に満足しているとの事です。

タクシー運転手は二種免許さえ取ればだれでも始められる窓口の広い職業の一つです。フリーターや現在職に就いてない方はそのまま定職に就かない日々を送るよりかは、タクシー会社に転職してバリバリ働いたらいいのではと思います。なんといっても自分の時間が増え、自分が本来やりたかった事にも時間を割けられるこんな職業はないと思います。この職業は以前から定職を失った方や、会社勤めを引退した方がやっていると思われがちですが、ここ最近ではこんなホワイト企業はないと若者にも人気で転職を考える時に選択肢の一つとして考える方も増えているとの事です。実際にタクシー会社に転職し、家族との時間が増え、今までおろそかにしていた妻や子供との時間を共有する時間が増え、関係性も良くなったとの喜ばしい声も聞こえてきます。又は、自分が趣味でやっている音楽など、本来人生の目的としてしたかった事や、目標としている事などに時間を費やせられると、これまでの職業からは考えられないような日々を送っている方もいらっしゃいますのでこれから転職を考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

又なんといってもこのお仕事の魅力として、煩わしい人間関係がない事にもあるようです。多少出庫前に本日の作業確認などはあるようですが、一歩営業所を出たらそこからはもう自分次第です。営業所に戻るまでは上司と一緒に過ごす必要性もありませんし、気楽に仕事を進められます。会社勤めをしていて、人間関係に悩まれている方や、一人で仕事をしたいという願望をお持ちの方にはうってつけのお仕事なのではないでしょうか。ただし、自己管理がしっかりと出来る方でなければこのお仕事は勤め上げられないと思います。その理由として、誰の目も気にしなく自由に仕事が出来るのはメリットの一つですが、その代わり、しっかりと仕事をこなさなければ給与に反映されないのも事実です。自分に甘んじて仕事をサボっていたりすると、給与も上がりませんので注意してもらいたいところです。

私の友人は入社祝い金というものも貰えたと言っていました。現在多くのタクシー会社がこの入社祝い金を支給しているようで、転職活動で資金に余裕のない方にはとてもありがたいようです。彼が言っていたのは一年間はしっかりと勤めないとその入社祝い金を返金しなければならないと言ってましたのでそこは注意が必要です。

又、二種免許費用も捻出してくれるタクシー会社が多いようです。普通に自分で取ろうとすると20万円弱かかりますので、そこも魅力らしいです。これに関しても二年間は勤めないと返金対象になるらしく、やはり、2年間は勤めないと費用は返金しなければならないようですので、タクシー運転手を少なくても2年間はやると覚悟を決めた方は是非ご検討してみてはいかがでしょうか。労働環境や給与面で不満がある方は是非転職の一歩を踏み出してみてくださいね。

働くドライバーさんたちの生の気持ちを集めました

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ