タクシードライバーのみなさんのクチコミ

タクシー運転手は地域によって収入が変わってきます。また、酔っ払いのお客様が多いです。

私は路線バス運転手からタクシー運転手へ転職しました。

バス運転手もお客様を乗せて運転するお仕事ですが、バス停が多く、多い路線ではで88ヶ所もあり、また夜になるとバス停が見えないこともありました。

タクシー運転手へ転職してからは、お客様から「○○までお願いします」と、目的地が一つなのでその点では、バス運転手より気楽になりました。収入に関しては私の地域は都会ではないので、正直タクシー運転手だけで生活するには少々キツイです。また、24時間勤務もありますが、合間で仮眠ができますので特に苦ではありません。夜になると酔っ払いのお客様が多いので、中には少々面倒なお客様もいらっしゃいます。中には、飲んでいい気分になったお客様と車中で面白い会話をしながら送迎することもあります。よく、飛ばして走るタクシーを見かけますが、タクシー運転手=プロドライバーなので、私は速度よりもお客様に負担のない運転を心がけてます。

タクシー運転手は、お客様を目的地まで送迎することでお金をいただいておりますので、自分の運転が商品となります。なので、私は質の良い運転をお客様に提供して、また使ってもらえるように思ってもらえらため、日々奮闘しています。

他業種と違い、拘束時間や、収入面、仕事内容などは劣る部分はあるかと思います。また、各タクシー会社によって内容は異なりますが、一番は自分に合っているかどうかだと思います。タクシー運転手になってよかったなと思うことは、バスと違い、知らない地名などをお客様に言われた場合、お客様からナビゲートしてもらいながらできるというとこです。私は過去に高速バスにも常務していたことがあり、高速バスで途中の経由しなければいけないところ忘れてしまい、車内が騒ついていて気がつきました。次のインターチェンジで降りたのですが、ここからどうやって行けばいいのか分からず、そのときはマイクアナウンスでお客様から聞いてしまいました。

もちろん、会社に戻ってから厳しく叱られ、始末書も書かされました。タクシー運転手はその分、気楽です。

バス運転手に比べ収入は落ちましたが、毎日気楽にお仕事ができることがいいです。あとは、お客様からありがとうと言ってもらえると、嬉しいです。

これからタクシー運転手へ転職される方は、応募前に給料面や、勤務時間などを調べておく必要があります。

大体の会社は売り上げの4割が自分の収入になりますので、都会や繁華街などがある地域ではやりがいのある職業です。私の住んでいる地域は田舎ですので、平日はあまり稼げません。週末など、飲み会が増える時期になりますと、売り上げは増えますが、都内などと比べると全然です。なので、タクシー運転手へ転職をお考えの方は、都内や、繁華街のある地域など、その地域のタクシー利用状況などを調べておく必要が大事です。

私は現在は辞めてしまいましたが、決して仕事が嫌になって辞めたわけではありません。やはり収入面のほうで、私の住んでいる地域では限界があったので、辞めてしまいました。田舎のタクシー運転手は、どこかの会社を定年退職して、年金をもらいながらやるのが一番ですね。稼げる地域では、若い世代でも充分にやりがいのある職業だと思います。近年、若者の車離れが進んでおり、運転手になりたいと思う若者が少ないのが現状です。

タクシー運転手になるにも、普通自動車第二種免許が必要です。また、近年では運転手養成制度といって、二種免許を持っていなくても、会社で二種免許を取らせてくれる会社もあります。このような制度を導入している会社を探すのも良いと思います。

タクシーは普通自動車と変わらないので、自分で車をお持ちの方は自分で練習もできますし、タクシー会社でも教えてくれます。

 icon-chevron-up ページトップへ