タクシードライバー転職経験談

お客様の心に残る「安全・無事故・快適」の乗務を目指して

タクシーの運転手になって、かれこれ15年がたちます。 車の運転が好きで、自分のペースで仕事ができるのではとの安易な考えからこの仕事に就きましたが、良かったと思う部分と、大変だったという部分があります。 しかし、総合的に考えると、この仕事に就いて良かったと思っています。 それでは、タクシー運転手になって良かったということについて書いてみたいと思います。

タクシーを利用するお客さんが望むこと。それは、最短時間で、最安料金で、快適に目的地に着きたいということだと思います。 これにお応えしようと、私は努めています。 私は東京を中心に走っており、23区内を移動することが多いですが、時々、多摩地域や、千葉、神奈川、埼玉方面、さらには首都圏近郊まで走ることがあります。 今は、ナビゲーションシステムが普及していて、お客さんから行き先を告げられた段階で、目的地を入力して、ナビの指示に従って運転する運転手が増えています。 私は、これを極力やらないようにしています。 自分たちは運転のプロです。ナビに従って運転するのであれば、一般の人々と同じになってしまうではないですか。

それに、ナビは機械的に指示を出してくれますが、案外、「抜け道」などを指示してくれることはないのです。 ナビも知らないような、便利な抜け道をどれだけ知っているか。これがタクシー運転手の力量だと思います。 抜け道を走っているときに、お客さんから「運転手さん、よく知ってるね、この道」と言われると、運転手冥利に尽きます。 抜け道をマスターするためには、ふだんから地図を眺めながら研究し、実際に走ってみて覚えていくしかありません。 「そんなことをしなくても、便利なナビを使えばいい」と言えばそれまでですが、タクシーを使うお客さんは、タクシーが「贅沢な乗り物」であると思っている人が少なくなく、少しでも近道を通って料金を安く、早く目的地に着きたいと思っています。 それに応えないで、どうしてプロの運転手と言えるでしょうか。 「東京のタクシーの運転手は態度が悪い」「愛想が無い」と言われていたことが一時期ありました。今では、各社とも、お客さんへの接客態度について厳しくなっていますが、料金を頂いているお客さんに悪い態度で接するなど、プロとしてもってのほかだと思います。 確かに、お客さんの中には態度が悪い人がいます。「金を払っているんだから、払っているほうが主人で、もらっているほうが従者だ」と考えているお客さんもいることでしょう。 しかし、運転手として、どんなお客さんでも、「このタクシーに乗って良かった」と思わせられたら、どんなに嬉しいことか。 お客さんの中には、楽しい気分で乗ってくる人もいれば、大切な商談を前に緊張している人、家族に不幸があってつらい気分の人、腹がたつことがあってイライラしている人等、いろんな状況の方が乗ってこられます。 そうした方々のそれぞれの状況に合わせて接することは、タクシー運転手としての醍醐味だと思います。 話がしたそうな人には、「きょうは暑いですね」と声をかけてみる。静かにしていたい人はそっとしておく。イライラを口にしている人には「大変ですね」と言ってみる。そのように、その場の空気を読みながらハンドルを握ることは、とてもやりがいがあります。

お客さんを乗せて、平均して10分程度で目的地に着くことが多いです。この限られた時間、限られた空間の中で、お客さんに「気分がリフレッシュできた」「これから頑張ろう」と思ってもらえるようにするのが、「安全・無事故」の次に大事な私たちの目標だと思っています。 あと何年、タクシー運転手を務められるか分かりませんが、力の限り、一期一会を大事にしながら、お客さんの心に残る無事故の乗務を続けていこうと思っています。

小遣い稼ぎや生活費の足しに、必要な分だけ、のんびりゆっくりと働きたい、そんな年金生活者の理想の仕事かもしれません。

タクシー運転手という仕事の魅力の一つは、仕事の量を自分の必要分に見合った量に調節出来るいう事だと思います。

私は今までは仕事の収入だけで生活費を賄っていたので、目いっぱい仕事をしなければなりませんでした。若い時には無理が効きましたが、年齢を重ねるとそれまでと同じペースで仕事をするのが辛くなっていました。今、年金を貰える歳になって、生活をしていく上で必要な金額を年金と仕事で得られるようになり、少し仕事の量を減らしています。随分と体は楽になりました。

一般の会社ではこういう訳にはいかないのではないでしょうか。普通の会社では会社全体としての仕事の量があって、その仕事を各部門・各個人が互いに協力しあって完成させているので、自分だけ仕事量や質を落とす訳にはいきません。例えば自分が割り当ての仕事を遅らせるとそれ以後の他の人の仕事も当然遅れる事になり、最終的に完成期日が遅れるか、何処かで誰かが辛い目をして頑張ってその遅れ分を取り戻す事になります。どちらにしても何処かに迷惑をかける事になります。

しかし100パーセント自分一人で完結させるタクシーの仕事では全くそんな心配はありません。同僚に何ら迷惑をかける訳でもありません。強いて言えば会社の売り上げはその分落ちる事になるので、多少は小言を言われるかもしれませんが、元々売り上げは各運転手によりピンからキリまで千差万別なので、回りと比べて余程少な過ぎない限り一般の会社の様に上司の雷が落ちるという事はありません。

だから年齢、体力、生活に必要な収入等々に応じて仕事量を自分で決められるのです。定年退職後の年金受給者や、趣味など他のやりたい事に時間を割きたい人には、こんな都合の良い仕事は無いと思います。

また自分都合で調節出来るのは仕事量つまり収入だけでは無く、仕事をする日も結構自由です。逆に言えば休日の取り方の自由度が大きいのです。

タクシー会社によって運転手の休日の取り方は様々ですが、基本的に会社全体が一斉に休みという事はまずありません。1年365日、年中無休で会社は営業しているのが普通です。従って運転手は交代で休日を取る訳ですが、毎月の勤務交番が会社から提示される会社があったり、運転手の希望で休みの曜日を指定できる会社があったりと会社によって色々ですが、病気・用事その他での欠勤については一般の会社ほどうるさくありません。会社としては欠勤を減らす指導を大なり小なり行っていますが、一人で完結するという仕事の性質上、実質的には誰にも実害が無いのでつい勤怠に関しては緩くなりがちの様です。運転手に年寄りの比率が多く、体調不良を起こす頻度が高いのも休みに厳しくない原因かもしれません。

いずれにしても、今月の売り上げはもう十分だとか、ちょっと趣味の何かの催し物が開催されているとか、嫁との小旅行だとかで急に休みが欲しい時、概ね気安く休みを取る事が出来ます。ただこれは勿論タクシー会社によってその厳しさ具合は変わってきます。

そしてもう一つの魅力はナガラ仕事が出来るという事です。ラジオは聞き放題です。勿論お客様の乗車中はそういう訳にはいきせんが、それ以外の時間は野球でも歌番組でも落語でも好きなだけ聞く事が出来ます。また駅などで客待ちの仕事をする場合は読書も可能です。スマホでゲームやネットサーフィンを楽しんでいる人も沢山います。夢想が好きな人は好きなだけ夢想する時間が有るでしょう。パチンコ愛好家の運転手はパンチコ店に入ってしまう事があるようですが、これはナガラ仕事ではなく単なるサボりになるので止めた方が良さそうです。

お客様を乗せて走った距離の、全走行距離に対する割合を示す実車率という数字があって、これが余程忙しくても4~6割なのです。つまり一日に走る距離の半分前後は自分一人なのです。この時間は自分の好きな事がやれる自分の時間の様なものです。

タクシードライバーの職業は私には最高の転職です。夢があります。

私がタクシードライバーに転職することができるようになりました。

もともとは、車好きの私は車のメーカー会社に長年勤務していました。人より一歩前に出たい自分は、どんどんと仕事を増やしていきました。販売から整備までこなすようになりました。まだまだ、もっと仕事をしたい自分は、独立を目指すようになりました。もともと一匹狼派の私にはサラリーマンをするよりは、働いた分だけ自分の収入になる自営業ご向いていると思いました。

小さな自動車販売店を始めたのです。

仕事は、順調で、自分のしたいだけ仕事をこなして、それでもかなりの仕事をこなす日々が始まりました。仕事をしただけ収入につながることに魅力を感じ、私は夢中で働けるだけ働きました。どんどんと仕事をこなすうちに、知らぬ間に体調を崩してしまいました。

仕事に夢中になり、体調管理もしっかりできてませんでした。気づけば睡眠時間を取れてなく、食事もきっちりととれてない私は、やせ細りかなりの疲労で一気に衰弱していました。すっかり気力もなくしてしまった私は、これからの生活が見えずに暗い日々を過ごす時間が増えました。

仕事をしないと収入も途絶え、貧乏になり、体調を戻す気力もなくなりました。

かといって、いまさら、サラリーマンにも戻れない私は先の見えない将来に頭を痛めていました。長い間、外にも出なかった私は、ある日、気分転換に外出をすることにしました。

その時にたまたまタクシーに乗りました。

タクシードライバーさんは、口数も少なく、穏やかな方でした。あまり人と関わりたくない私は安心してゆっくりと、車内でくつろぐことができました。

その時間が貴重な時間となり、転職のきっかけとなるのでした。

車内で、くつろぐ間に、外の風景を見ながら、本当にボーと、久しぶりに何かを考える自分がいました。タクシードライバーさんが前で運転していらっしゃいます。それも、とても穏やかに。

それまで、仕事といえば、体力のある限り走り回り、頭を使い気を使い、1人でやりくりしてきた私でした。

運転されているタクシードライバーさんを見て、とても興味を持ちました。

車好きな私は勿論、運転も好きでしたので、私にも出来るかな、、、と、いや、やってみたいと、急に気力が出てきて、求人があるところを探しました。

きっちりと研修から、してくれる今の会社は、ブランクのある私にも入りやすかったです。

もう、会社勤めはしないと思っていましたが、タクシードライバーは、会社勤めてありながらも、一人一人で、働く自営業にも近いと思いました。一匹狼派の私には、向いていました。社内の方々と、仕事のことで揉めることもなく、張り合うこともありません。自分のペースで仕事ができます。研修では、年齢の分け隔てもなく、また、これまでの経験も関係なく、皆さんと同様に扱いを受けることができました。

それが、私にはとても楽でした。長い間、世間から遠ざかっていた私にも、一般の方々と同じに働くことができる喜びがあります。

一か月の研修の間もきっちりと賃金が支払われ、私はまた人並みの生活が始まりました。

皆さんと同じ制服をきて、タクシードライバーの勤務が開始です。

変な緊張もなく、研修で学んだように、マニュアルにそって、お客様との時間を過ごすことができました。

タクシードライバーの職業の魅力は、 まず、一人一人が自分のペースで働けることです。ある意味、働けば働くほど収入が増えるのも魅力です。それでも、個人店ではなく、会社勤めなので、働きすぎることも無く、以前のように体調を崩すこともありません。

休みもきっちりとあります。

タクシードライバーは、毎日が出会うお客様が違うので、新しい情報をえたり、新しい場所に行ったりと、毎日が新鮮です。

外の風景を見ながら過ごす毎日は、最高な職業です。タクシードライバーになれて、私は本当に良かったです。

タクシーの運転手は並大抵の根性だけでは勤まらないです。

タクシー運転手はとても魅力があります。理由はたくさんあります。タクシー運転手の魅力について説明します。

【タクシー運転手は儲かる】

タクシー運転手は基本は儲かります。ガソリン代や交通費や距離を比較してもお金の収入は多いし、出費は多そうに見えるけれど、お客さんが一回利用しただけで何千も稼ぐことが出来ます。ここまですぐに稼ぐことの出来る一般的な職業は少ないです。収入も多いし必要なものは車と人件費とガソリンだけです。だから手に入るお金も多いと思います。

【タクシー運転手は道を知っている】

タクシー運転手はいつも自分の運転するコースを走っています。お客さんがときには違うところを走ってほしいと言われることもあると思います。そのためには道を知らないと何も出来ません。確かに今の車にはナビがありますが、頭にいくつか行き先の道を知らないと手に負えません。だから道をよく知っているということはかなり有利です。

いつも混んでいる時間や抜け道、通りやすい道など把握しているし、安心です。もし道に迷ったら警察でも多少分かりますが、タクシーの運転手も案外物知りだから助かると思います。

【タクシーの運転手はやりがいがある】

タクシーの運転手は一見簡単そうに見えますが、実は結構難しいです。どんなふうに難しいかというとまず道を知らなければいけません。道を知っていても運転する以上途中で休息が必要です。休息を取らないと運転するときに眠気を感じたりします。危ない運転を避けるようにするためには休息も必要だけれど、あまりたくさんの休息も取れません。いつも待っているのは一般人のお客さんが相手です。お客さんの中にはこだわりがある人もいるから、話に夢中になったり、なかなか対応が難しいお客さんもいます。お客さんを相手しているということはかなり大変です。いつもきちんとしなければいけないからです。そんな緊張状態の中で、いつも運転していることはかなり立派だと思います。

タクシーは確かに一般人も載せますが、知らないといけないのは運転の仕方、混んでいる情報、道だけではありません。実は専門分野以外のことも多少知らなければいけません。

それは何故かというと、今介護タクシーというものがあります。介護タクシーとは一般人ではなくて体の支障のある人から殆ど意識がない人も車に乗ってきます。何も知らないと大変です。介護タクシーを運転するためには介護のことも知らなければいけません。

【介護タクシーのやること】

介護タクシーは大変です。普通のタクシーと違ってあまり儲からないからです。もう今でも必死なお客さんにお金を取るわけにもいかないし、だから安いお金で接しなければいけません。また介護される人は体の本当の支障のある人から、少しだけ支障のある人までさまざまです。少しでも気に障るようなことを言うとお客さんは寄ってきません。接客や対応がいかに出来るかという人材も求められています。

タクシーの運転手は一見簡単そうに見えますが、実は違います。大変な分野になると本当に大変なものまでいろいろあります。だからただ接客が出来るからとかビジネスには自信があるだけではやりこなせません。タクシーは昼だけではなくて夜もやっているから寝る時間もあまりないです。そんな中でいつも頭をかかえたり、笑顔でいなくてはいけないのは辛い人もいます。タクシーはやりがいがあるけれど、体力があり、対応が素早く出来るような人材を求めています。だからタクシーの運転手には体力のありそうな男性が多いのだろうと思います。寝る時間もきついのは大変なことですが、やりがいがあり、給料もいいのはとても魅力だと感じています。

働くドライバーさんたちの生の気持ちを集めました

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ