タクシードライバー転職経験談

受験を支えてくれたタクシーの運転手さん

私が初めてタクシーを利用したのは、大学受験の時でした。 それは当時高校3年生の2月の事で、美大受験に挑戦している最中でした。

私は関東在住で、移動は自転車か徒歩、それかバスがほとんどでした。 その時は丁度受験シーズン真っ只中で、連日どこかしらの大学に向かい、絵を描いたりテストをしたり、高校にいったり予備校にいったりという生活をしていました。 美大受験というのは、画材は持ち込みでした。 ですので、試験がある度に荷物を受験校まで運んでいました。 その荷物というのは、絵を描く紙の下敷きにするための板(身体の半分ほどのサイズがある)や、何十本もの筆や絵具チューブ、そして様々な絵をかくときに必要な液体や、粉の入った袋などです。 これらすべてを持っていくため、キャリーケースと、リュックサックと大きなカバンをもう一つを使っていて、大荷物でした。 加えて実家に運転できる人はいなかったので、持ち運びには苦労していました。

ある日、志望校に行って試験で絵を描き、地元に戻ってきたときのことです。 その日は雪が降っていて、路面には降り積もった雪が歩くのを困難にさせていました。 とても自転車は使えず、家までは歩くと30分以上かかる上に両手の大荷物…、ですのでどうしたものかと考えていました。 またよく使っているバスも、帰りの時間が遅くなったために終バスはとっくに終わっていました。 親に連絡すると、雪道は滑って危ないから、タクシーを使うようにと言われました。

この日、生まれて初めて1人でタクシーに乗ることになりました。 親と乗る事はあっても一人で、という経験はなかったので、今まで親がどうしていたか、など懸命に思い出していました。 また、持ち合わせが足りない可能性があったので、家に着いたとき親と待ち合わせして、代金を払ってもらうことになっていたので、その説明もちゃんとできるか、受け入れて貰えるのか当時はとても心配でしかたありませんでした。

1人で緊張しながら向かうと、タクシーの運転手のおじさんがドアを開けて、「荷物多いね、トランク開けてあげようか?それか、後ろの座席に置いていいよ」と親切に話しかけてくれました。 道の説明も不慣れでしたが、ちゃんと言いたい事を汲み取ってくれて、さすがプロだなと感動したことを覚えています。 また、家に着いたとき待ち合わせている親にお金を払ってもらうことに関しても、快くOKしてもらえました。 とりあえず家に帰る事ができそうで、安心したのを覚えています。

荷物は取り出しやすい後部座席に置いて、助手席に座りました。 あまり車に慣れていなかったのでトランクを使いませんでしたが、荷物を入れる時も「大丈夫?」と気遣いながら待ってくださいました。

乗っている最中は、家に着くまで運転手さんは受験の話を聞いてくれました。 どんな絵を描くの、とか、どんな風勉強しているのか、とかそんなことを話していました。 運転手さんの家族が受験をした時の話を聞いたりもして、とても為になったことを覚えています。 朝からずっと試験で緊張していたので、ほっとする時間になりました。 最後には、「忘れ物はない?受験頑張ってね」と言って、笑顔で見送ってくれました。

その年、受験は無事合格しました。 タクシーでの出来事はとても良い思い出になりました。 タクシーの運転手さんには、私の受験を支えてもらっていたと言っても過言ではありません。 とても感謝しております。

その後も1人でタクシーを使うことが何度かありましたが、いつも気持ちのいい接客をしていただいております。 高校生の自分でも、一人でタクシーを使えたこと、親切にしてもらえたことは、引っ込み思案な私の自信にもつながりました。 おじさんは元気にしてるかな。あの時は有難うございました。

タクシー運転手を目指す人はぜひ読んでみてください

<タクシー運転手の仕事は?>

皆さんもタクシーって利用したことあると思います。目的地までのせてくれるのでとても便利ですし助かりますね。 駅の近くにいれば大抵タクシーが待っていてくれますが、そうでない場合呼び出しもできるのでタクシーがあると車が無い人や車に乗れない人でも行動範囲が広がります。 タクシーに乗った時、とても愛想のよい運転手さんもいれば、あまり話かけてこない 運転手さんもいますね。タクシー運転手は接客業でもあるので、マナーもとても重要視されるお仕事です。さらにその土地の事を良く知っていないと、正確にお客さんを目的地まで送ることができませんので、ある程度の知識は入れておかなければいけません。 タクシー運転手ってただ運転しているだけではだめなのです。 これからタクシー運転手を目指そうと思っているあなたのために、タクシー運転手になるためにどうすれば良いのかご紹介します。

<タクシー運転手になるには>

タクシー運転手になるためには、普通の車の運転免許ではだめなのをご存じでしょうか。 タクシー運転手になるには「普通自動車第二種運転免許」という免許が必要です。 運転免許を取得していれば取得は難しくありません。ただし第一種の運転免許を取得して3年以上経っていないと二種の取得はできないので注意しましょう。 タクシーの求人情報を見ると、入社後に取得させてくれるケースもあるので、現時点で持っていなくても大丈夫です。もちろん最初から持っていればそれなりに採用されやすいですし、応募できる企業も増えるかもしれませんが、タクシー業界も人手不足なので、入社してから取得できるようにしてくれている会社が増えています。

<タクシー運転手の魅力は?>

タクシー運転手は、人と接する事、会話する事、そして運転する事が好きであればやりがいを感じやすいと言えます。 この仕事では、初対面のお客様をお送りする事になりますから、愛想が良いというのがとても重要です。 もちろんお客さんによっては、話しかけられるのが嫌だという人もいますので、そのあたりはお客さんの様子をうかがいながら会話していく必要があります。 そして何より安全運転、大切なお客様をお送りする仕事ですので、交通マナー、ルールを守っての運転は絶対です。会社の信用にも繋がります。 タクシー運転手は、自分の顔写真と名前が社内に記載されていますので、お客さんもそれを意外と見ています。 注意しましょう。 さて、タクシー運転手の魅力ですが、やはり沢山の出会いがあるという事ではないでしょうか。幅広い世代の人が利用するタクシーは、沢山の出会いがあります。 観光に来られているお客さんの場合、街の魅力やおすすめの場所など紹介してあげるととても喜ばれます。お客さんがタクシーから降りる際にありがとうと言ってくれた時、とても嬉しく感じる運転手さんは多いようです。 運転する地域に詳しくなれるというのもやりがいの1つでしょう。知らなかったことを新たに発見できたりします。例えば近道とか、混んでいる時はどの道が一番早いとか、道路情報にも詳しくなれますよ。これはお客さんにとっても有難いことですね。 今はカーナビがあるので、ある程度は分かると言われていますが、それでも全く知らないのではやはり目的地に行きにくいものです。しっかり勉強が必要ですね。

<タクシー運転手のお給料って?>

タクシー運転手のお給料は月給にしている会社もあれば、歩合になっている会社もあります。歩合でも頑張りしだいで思っている以上のお給料を稼いでいる人もいます。 安定した収入を考えるなら月給の会社を選ぶほうが良いかもしれませんね。 副業でタクシー運転手を始める人もいます。副業の場合は歩合で副収入にしている人が多いです。

タクシーに手を挙げて大人になれた

私が住んでいるのは、何十年も前に地元の不動産会社が開発した、ミニミニ開発による宅地です。現在、この宅地内に引き込まれた道路に面するお宅は、11軒あります。2世帯住宅はありませんので、11件11世帯が幅員4メートル延長40メートルほどの道路に玄関を向けて、暮らしているわけです。

立地は東京の下町ですが、いうなれば地方の村落に近い感じで、どの家の誰がどんな仕事をしているかをみんな知った上で、生活をしています。暮らしぶりもなんとなく分かっています。

そして、この東京村落の特徴として、11世帯の中、実に8世帯がタクシー関連の仕事で、生活していることが挙げられます。ただ、一口にタクシー関連といっても、仕事内容はそれぞれ異なり、個人タクシーの運転手さんもいれば、タクシー会社にドライバーとして勤めている方もいます。

また、ドライバーとしてではなく、役員として観光バスとタクシーを運行する会社の経営に携わっている方なども住んでいらっしゃいますので、さながらタクシー業界の縮図を見る思いすらします。

そんな中で、私自身はタクシー関連の職業には就いていませんが、家を出ればタクシー関係者ばかりという環境は、自ずとタクシーに対する関心を向けさせてくれます。また、タクシー業界の裏話的な会話も耳にする機会が多いのも事実です。

そうしたこともあって、私のタクシーに対する感じ方は、他の一般的なタクシー利用者とはやや異なるかもしれません。そんな私のタクシーに対する思いを、聞いていただければ、幸いです。

物心ついた頃から、周囲をタクシー関係者に囲まれて育ったわけですが、だからといって特にタクシーが生活に深く根ざしていたわけではありませんでした。幼友達のオヤジさんはみんなタクシードライバーでしたが、だからといってタクシーを話題にすることはほとんどありませんでした。

多少、子供の頃の遊びにタクシーが絡んだとすれば、自動車の玩具にタクシーが多かったかなといったくらいのことで、タクシーの売り上げが玩具を買うお金に化けているんだとまでは考えませんでした。

何が言いたいかと言いますと、タクシー村に育ったからといって、タクシーを当たり前のもの、普通なものとはまったく考えていなかったということです。

それどころか、子どもの頃の私にとって、タクシーは特別な乗り物でした。街でタクシーを拾うということは、大変なことだと思っていました。もちろん、子どもの私が手を挙げるにしろ、実際には背後にいる親が拾うわけですが、それでも道路でタクシーに向かって手を挙げるということは、大変なことだといつも思っていたのです。

大袈裟に言えば、一種の晴れがましい、儀式ですらあったように感じていました。つまり、道路で手を挙げることは普段、普通には絶対にしない行為、親と一緒であるにしろよほど特別なことがなければしないこと、そういう風にとらえていたわけです。

そうした経験をしていると後年、社会人になってからタクシーを拾う際、いつもではありませんが何度かに一度くらいは子どもの頃のそうした出来事を、思い出したりするものです。

思うことはいろいろですが、一番多いのはやはり、自分も大人になったんだなということでした。

道路で手を挙げることが晴れがましく特別なことであった子供の頃の体験は、自分でタクシー料金を払うようになっても、心のどこかに残っているものです。

この思いが、タクシーは特別な乗り物だという風に、いくつになっても感じさせてくれるのだろうと思います。

私にとって、社会人になって大人の階段をはじめて昇った瞬間、それは道路で手を挙げて、タクシーを拾った時だったかもしれません。

タクシーの運転手はやりがいがある仕事ですが、基本を忘れてはいけません。

タクシーの仕事は大変です。この間もニュースで話題になりました。タクシーに初めて乗る人は、黄色の信号なのにもう止まってしまうのかという意見、お客さんが思っている道と違うためお客さんが暴力をしてくるなどのことで話題がありました。しかしこれだとタクシーにつくのは不安だと感じると思います。

しかしタクシーの魅力はたくさんあります。

特に英会話が出来るタクシーはお客さんが多いと言われています。それは英語が話せると日本だけではなく、外国にも話題になり、お客さんの数が増える、だから儲かるという点もあります。ただのタクシーの運転手を目指すより何か知っているタクシー運転手だと好かれるケースも多いです。

英会話だけではなく他の言語でもいいです。お客さんは日本人だけではなく、外国人もいます。たくさん働いて辛い時間もありますが、人と対話することでこういうことを改善したらいいとかこういうところを解消していきたいという目標が出ます。普段人と会話することが出来なかったり時間が取れないときもあるけれど、対話をすることで日々の不満や出来ないことも少し考え方によっては楽しいものになるのではと思います。

タクシーの運転手になるには言語もあるといいですが、細かい道も知っておくと便利です。大きい道しか分からないと困ったときに混雑したり、歩いて帰った方が早いと考えだす人もいます。歩いて帰った方が早いと考えさせるのはいけないと思います。タクシーのこういうサービスがよかったとかとてもためになったとか思わせるようにするとベテランになります。

運転手は大変です。タクシーの運転手も寝る暇もほとんどないと思います。そのため普段眠れなくても寝れていても時間が不規則で仕事に影響することもあります。場所によっては仕事の最中に寝るのも仕事というところがあり、仮眠室まで置いてあるところがあります。

私がタクシーを読んだときとてもためになったことがあります。それは介護タクシーを使ったときです。身体が思うようにならない母を他の病院から別の病院に移動させるときどうしたらいいのだろうと思いました。そのときインターネットを使い、介護タクシーがあることがとても嬉しく思いました。お金も安いけれどきちんとやってくれたから今があるのだろうと思うととても嬉しく感じる部分もありました。タクシーでも本当に必要としている人もいるし、そういう人のためにも頑張るという気持ちがあるとやりがいがあると思いました。

それでもタクシーの運転手は苦情や寝不足などと戦っています。辛い仕事だからこそ、給料もいいだろうと思います。やりがいもきちんとあり、今数少ない外国語を話せるタクシー運転手になるだけでかなりお金ももらえます。常連になれば親しく話したりいろいろいいことも言われたりすることもあると思います。

やりがいのある仕事だからこそ、タクシーの運転手になるには半端な気持ちでは出来ません。苦情を言われただけで辞めてしまうと困る仕事でもあります。そうなるとこれからの転職に影響したり困ることも増えていきます。覚悟をしてから面接を受けるのが大事です。

タクシーになるには道以外にもたくさん覚えることがあります。介護タクシーなら介護する人に問題が起こってはいけません。大事に運ぶという気持ちも大切だし、基本も忘れてはいけません。簡単なような仕事ですが、かなり難しい仕事です。

もちろんタクシーには交通事故は起こってはいけないし、普段の安全運転も大事です。人の命に関わることもたくさんあるし、覚えることもたくさんあります。だからこそ魅力な部分もありやりがいがあります。やるからにはしっかり仕事をこなす目標が大切です。

働くドライバーさんたちの生の気持ちを集めました

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ