タクシードライバー転職経験談

頑張り屋且つ楽天的な人がタクシーで成功する

やる気があれば誰でも仕事に励むことができる

タクシー会社に運転手で勤務するなら営業所に出社して朝礼、車点検実施したり、出庫後営業エリアで送迎して状況に応じ駅で待機したり、勤務終了後営業所に戻って帰庫するなどあります。

一方でタクシー阿木者従業員でなく個人タクシー運転手で営業をする方がいます。タクシー会社に従業員で勤務するとき、個人タクシー事業者で勤務する時仕事内容に相違点がありますが、年収はどうでしょう。タクシー会社に従業員ではたら運転手給与形態は固定給+歩合制が基本。一方で個人タクシー事業者は経費を会社収める必要なく系業収入がすべて自分の収入となります。なので売上多くなるほど年収はタクシー会社の従業員より高くなります。ですが、ガソリンにかかる費用はすべて自己負担です。

そして個人タクシーの運転手になるには年齢により複数の条件あって65歳未満、タクシー運転手で法人タクシー事業者に雇用された期間が10年以上といったことなど必要に。そしてタクシーは早朝から毛型にかけ終日利用可能で、タクシードバイバーの勤務形態はどうなってるのか。業界は隔日勤務が普通の形態であり、隔日の時早朝から翌日の明け方まで乗車し、そのうち3時間は休憩で、勤務時間は20時間程度です。

また運転手のメリットですが免許以外の資格の有無などほとんど問われません。業務中個人行動で同僚の人間関係に悩むことが低いです。また長時間運転のため身体的負荷大きかったり、乗客とのトラブルのリスクあったりします。個人タクシー営業には複数条件があります。タクシー運転手は乗客を目的地まで安全におくれますが、乗客を増やすのに快適な空間にするための工夫が大事です。

乗客対応を気に入った時に固定客として乗るようなこともあります。健康状態維持することは安全運転の基本です。長時間の運転は体へ負担大きくて健康管理しっかりすることが大事です。休みの日は十分な栄養を取ってストレスを解消しましょう。

そして売り上げ伸ばすために1日のスケジュール管理が大事です。乗客のせ休憩とる時間帯に注意して業務をこなします。効率的に乗客送迎できるように道路こむ場所、時間把握して指定した目的地になるべく最短ルーツで到着しましょう。経験積む中営業地域特性を把握する必要があって、観察力がある方はむいています。

そしてタクシー運転手への転職考えていたりすれば自己分析で自分の長所や短所を洗い出してそれを仕事選びの基準にしてみてください。そして、転職活動時点のメリットには未経験者でも採用率高いといったことがあります。一般的仕事への転職は経験者優遇するときが多いです年齢重ねれば採用後の社内での年齢バランスからも経験者でなくては採用されないです。ですが、タクシードライバーは普通自動車運転免許取ってる人は年齢関係なく採用されやすいです。理由は複数あって、タクシードライバーは同僚と一緒に仕事することがなく、年功序列停車内の人間関係など考慮する必要がないです。やる気のみが採用基準となることが大きいです。また、一般的に転職するにあたって、転職先で必要な資格は事前種痘しておくのが大事です。タクシードライバーは仕事に必要な二種免許資格取得を補助してくれます。

やりがい持つのは健康によく最近高齢化進んでいて、長く働かなくてはならない社会になっています。そう考えて会社を退職後を考えて置くこと。そして一般的会社は40台まで給料が上がります。その後社内ポジション競争などの結果で給料下がりだすことも少なくないです。その点でタクシードライバーは個人でお金稼ぐお仕事で年齢に関係なく稼げます。そして長く経験すると固定客も増えて年齢に関係なく収入が増えてきます。

頑張り屋且つ楽天的な人がタクシーで成功する

タクシーで成功する人はどんな人?

タクシードライバーの収入は基本的には歩合制です。完全歩合制から基本給プラス歩合まで会社によって様々ではありますが、普通の会社の様に毎月決まった額の金額が月給として支給される事はまず無いと考えて差し支えないでしょう。従って収入は、ドライバーそれぞれの売り上げによってピンからキリまで大きな差が生じます。

一人のドライバーについての売り上げを見てみると、運の良い日とそうでない日では売り上げの差が出ますし、一年を通してみても繁忙月と閑散月とではやはり変動があります。しかし全体を通して比べてみると、売り上げの多いドライバーはいつも決まっていて、反対に低いドライバーは常に低いままで、その差が大きい場合は順位が入れ替わる事はほとんどありません。

売り上げを上げる事が目的である営業という仕事に関してこの事はどんな会社や業界でも同じ状態で、売り上げの多い営業マンと少ない営業マンは僅差の場合を除いてだいたい固定しているものです。

タクシードライバーでもこれは同様です。それではたくさん稼ぐドライバーとはどの様な人で、どのような仕事の仕方をしているのかを考えてみます。

【お金への執着が強い人】

当たり前の話ですが、お金が欲しいと思う気持ちが大きい事がたくさん稼ぐ原動力になります。
仕事であるからには楽しい事だけではありません。様々な嫌な事や苦痛な事が数多くありますが、それらを上回るお金への強い欲求を持つ人ほど頑張る事ができます。

【気持ちの切り替えの早い人】

タクシーの仕事は接客業です。接客の大変さは客に怒られたり文句を言われたりする事です。客の多少の無茶は我慢しなければなりませんし、こちらが正しくても謝らなけらばならない時さえあります。
また街中の複雑な交通事情の中で、無謀な人、車、自転車、バイクとトラブルになる場合もあります。いずれにしてもトラブルの後は気持ちが落ち込み、大なり小なり嫌な感じが残ります。
人は再び同じ嫌な目に遭いたくないので、そんな状態が起こり易い場所や時間を避けてしまい、それだけ稼げる機会をロスすることになります。こんな時、気持ちの切り替えの早い人は売上優先で行動し、果敢にそんな場所や時間でも客探しを行う事ができるので稼ぐ機会が増え、結果売り上げが上がります。

【頑張る気持ちを持続できる人】

タクシーには実車率をいう数字があります。一日の総走行距離に対する実車(客を乗せている)走行距離の割合です。この実車率が50%に近いと相当忙しい日だったという事になります。反対に考えれば一日の半分以上は空車で走っている事になります。従って如何に続けて客を見つけられるかが売り上げアップのコツになります。
ただ漫然と走っていたのでは折角の客を見落とす事もあります。また追い越し車線を走っていたので走行車線のバスに邪魔されて車を寄せられずに客を逃す事もあります。複雑な街中の交通事情の渦中で出来るだけ早く客を発見し、常に車を寄せて停車できる状態で走行するには神経を常時張り詰めていなければなりません。
また休憩したい気持ちや帰りたい気持ちを抑えて、もう一回乗せようという頑張りが毎日積み重なって月の売り上げが上がります。

【失敗を怖がらない人】

不特定多数の客の中には、時に変わった要求をする人もいます。また今まで行った事の無い知らない遠方の場所が目的地の時もあります。いずれにしても未知の事柄には人間誰しも不安が沸き起こります。そんな時、何とかなるかーと果敢に行動する人はそれだけ多くの事を経験する事になりますから、後の稼ぐ機会が増える結果になります。

【自己の顧客を増やす努力をする人】

個人的に仕事を回してくれる自分だけの顧客を作る努力をする人が、結果的には売上が多くなってくる可能性が高い様です。定期的な長距離や観光の個人客、ホテルや料亭、会社関係から直接声が掛かるなどの個人顧客を多く獲得した人は、後に個人タクシーに転身して独立してゆきます。

働くドライバーさんたちの生の気持ちを集めました

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ