タクシードライバー転職経験談

他業種への転職に当たっての会社選びには、その会社の看板、世間からどんな風に見られているのかを見極める必要がある気がします。

 自分がタクシードライバーに転出したのは38歳の時です。

田舎の本社から営業関係の仕事で大都市にあった支社に転勤して4年、通常の人事異動のルールではそろそろ田舎の本社に戻らなければいけない年数でした。事実懇意にさせていただいていた人事部の要職におられた高校の先輩からは、内々に打診がありました。

 普通の人でしたら田舎と言えども本社に戻れるのを喜ばなければいけないのですが、その時の自分にはそのことが喜べない事情があったのです。

それは妻のことでした。実は妻は精神的な疾患を抱えていたのです。元々母一人子一人の母子家庭で育った妻は家族というものに中々馴染めないでいたのです。結婚して数年は夫婦2人で暮らしましたが、農業を営んでいる両親を少しでもサポート出来ればとの思いで、妻と当時2人の男の子を連れて実家に戻りました。最初の内、妻は舅、姑とうまくやっていたのですが、長女が生まれた頃から子育てで意見が合わなくなり、関係がぎくしゃくして来ました。そして段々とうつ症状の精神疾患を患ってしまったのです。

 家を出るべきか悩んでいた時に、会社から都会にある支社への転勤の打診がありました。自分は渡りに舟とその転勤話に飛びつきました。とりあえずは両親を傷つける事無く、別居生活が送れるそう思ったのです。そして都会の支社に転勤が決まり、赴任してあっという間の4年が過ぎたのでした。

 そんな事情があり、素直に本社に戻れることが喜べない事情があったのです。さてどうするか、田舎に戻れば都会暮らしが性に合ったのか、精神疾患を克服した妻が再び疾患を患うことは目に見えています。その時は再び転勤という道はありません。自分は悩んだあげくに本社には戻らず、会社を退職して夫婦、3人の子供と共に都会で生活して行く道を選びました。

 それに当たってぶつかったのが、どんな仕事をして家族を養ったらいいのかということでした。営業職なので特別な技術を持ち合わせている訳でもなく、田舎出の営業職が都会の会社の営業職が務まるとも思えません。そんな時にふと頭に浮かんだのは、タクシードライバーという仕事でした。この仕事だったら運転免許証があれば出来る仕事で、短期間である程度の収入が得られる、その時はそう思いました。後でとんでもないと思い知らされるのですが、その時はとにかく家族の生活を何とかしなければとの思いが強く、そこまでの考えには及びませんでした。

 さて、タクシードライバーといっても数十社もあり、どこの会社に応募しようかと考えた末、転勤で来た当初たまたま乗車したタクシーのドライバーさんの印象が実に素晴らしかったタクシーがふと脳裏に浮かびました。

 よし、あそこに行ってみよう、早速新聞の求人欄からそのタクシー会社の求人広告を見つけ、電話しました。応募したい旨を告げたところ、自分の事情を考慮して下さり、3日後の面接の日取りが決まりました。

 面接当日、人事課長と人事担当係長の2人が面接した下さいました。そして色々な質問をされましたが、じっと係長と自分のやりとりを聞いていた人事課長が、「タクシードライバーを誰でも出来る仕事と思って来たのならお辞めなさい。あなたのキャリアではタクシードライバーは務まりません。タクシーには色々なお客様がご乗車されます。時には理不尽と思われるお客様もいらっしゃいます。そんな時は言葉が悪いですが馬鹿にならないといけない場合もあります。そんなことが貴方は出来ますか。」と。

 そう言われても、そうですかと引き下がるわけにはいきません。必死でお願いしたところ何とか採用していただき、今の会社の後始末をして都合がついたら連絡して来なさいということになりました。

 そして2週間目の月曜日から出社の運びとなりました。最初はまずタクシードライバーに必要な2種免許を取得しなければなりません。提携しているある自動車学校に約1週間の合宿で免許取得にあたります。合宿など高校以来でした。費用は会社負担、会社としては出来るだけ早く免許を取得してもらい、営業に出さないと経費がかさみます。その事は合宿前に言われていたので、自分も頑張りました。おかげで2種免許は一発合格でした。     

 合宿後は約2週間の机上研修です。タクシー営業のイロハを徹底的に教えていただきました。特に接遇に関してはうるさく言われました。「君たちがこれから運転するタクシーには会社の名前が載っています。つまり君達は看板を背負って走ることになります。君達の一挙手一投足は常に見られていると思って下さい。いいかげんなことをすれば、それが会社のイメージになります。先輩が築いてきたブランドがあっという間に地に落ちます。分かりますね。」自分はそこまでは考えていませんでしたが、その事は後で良く分かりました。

 2週間の机上研修を終え、今度はベテランの指導員と共に実際の営業車に乗って営業研修です。最初の1ヶ月は指導員の運転により、次の1ヶ月は自分が運転しての研修です。研修といっても実際にお客様があればお乗せします。そうして2ヶ月、指導員の最終試験でOKを貰い、いよいよ一人での営業です。その日は課長、係長、営業明けドライバー全員の見送りを受け、会社を出ました。

 研修中に走った場所を流していると、左前方にお客様らしき女性の姿がさっと手を上げられました。最初のお客様です。緊張しましたが教えていただいた通りの接遇に心がけ、無事目的地までお送りすることが出来、ほっとしました。その日は翌朝の6時まで帰社して車を清掃し、次のドライバーに引き継がなければなりません。最初ですので余裕を見て4時に帰り、洗車をして所定の場所に車を置き無事終了しました。会社に戻ると係長と指導員の方が心配して待っていてくれました。その日の売上げ、乗務の様子を報告すると初日としては上出来と喜んでくれました。

 その後、教えていただいたことを守り、タクシードライバーを続けました。その時に痛切に感じたのは研修時に言われた「看板を背負っている。」ということでした。お客様は数台のタクシーの中から、ほとんどと言っていいほど我社を選んでご乗車下さったのです。お陰様で大きな苦労をすることなくある程度の売り上げを確保でき、家族を養うことが出来たのです。

 「看板」、これはタクシー業界はもちろん、どんな業界にも通じるような気がします。例えばある会社、営業車の運転、外観が悪いと印象悪いですよね。そんな会社の商品を買いたいとは思いません。その意味では、他業種へ転職するに当たってはその会社がどんな看板を背負って、どう見られているかを見極めることが大切と感じました。

タクシー運転手は気楽な商売です、好きな時間に帰れていいですが、クレームも多い、ですが美味しいことが沢山あります、大胆にも浮気相手の家に玄関先までお迎えに行きます。

自分は60歳で定年を迎え会社からは定年延長を持ち掛けれましたが、若い者に使われるのが嫌で転職を考えました、定年延長しても5年ですからそれよい気楽な仕事をしたいとハローワークに行きましたところ給料は安いけど気楽にできる商売ならタクシードライバーがいいって担当者が言っていました、そこで一番気楽にできる会社を選びました、

大手の会社は確かに待遇はいいけど規律やクレーム処理が厳しくてなんか問題があると始末書を書かされると聞きましたので最初から楽なところと決めていました、自分もあまり今迄のように規則や規律に縛られるのが嫌でしたのである会社に決めました。そこは一人一車で朝出て行ったならばいつ帰ってもいいのです、交代要員がいないので気が楽です、車も気が付いたときに掃除をすればよく人に気を遣う必要がないので本当に良かったと思いました。

入社も簡単に決まり二種免許も感謝が紹介で自動車学校へ入学、約1か月で一発で取りました。中には何回受けても受からない人がいるみたいで良かったです。それから10日ほど先輩の指導で市内を廻りタクシーの仕事を教えてもらいました、最初タクシーに乗ったときはかなり緊張をしました、場所を言われて分からないときはセンターに連絡して分かるまで教えてくれました。

3か月ぐらい昼で働きましたが慣れてきて夜の仕事に変わりました。やはり夜のほうが稼ぎが倍になりました、しかし相手はほとんどが酔っ払いで中には口でごにょごにょ言ってそのまま寝てしまうお客さんがいて困ってしまい警察署に連れて行ったこともありました。乗せたはいいがお金がない人もいました、すべて警察にご案内をして差し上げました。

一番困ったのはよぱらった女性です、触ったらセクハラで訴えられます、それを狙ってる女性もいます、怖いですねそんな時は警察署へ行き婦人警官に任せます。男性の警察官も手を出しません、良く気持ちが分かります。繁華街を流してると朝方には確かに長距離の客がたまに居ります、そんな時はラッキーです、最近は若い人がお酒を飲まなくなり前よりも町が人通りが少なくて少し寂しいです、

ホステスさんともなじみになりよく仕事前に子供を24時間保育に預けるのをタクシーで乗せていきました、彼女たちは子供を育てるのに自分の力ですると言う固い決意を感じました女は弱いが母は強いです。ある時は仕事帰りのホステスさんを乗せたのですがかなり飲んでいて財布を忘れたらしくお金がないとの事でアパートまで送り家に入ると体で支払うと言いました、ゴムがないというと生でもいいというではありませんか、病気が怖かったけどそのままパンツを下して後ろから挿入、しっかりと中出しをしてやりました、安く女を買えたと思えばいいことです、

またビジネスホテルに泊まりたいからと確か金曜日の晩です、ホテルを回りましたがどこも満室で断られました、仕方がないので自分の汚いアパートで良ければと言いますと寝れればいいといいまして自分の部屋に泊めました。その日はそのまま上がりコンビニでお酒とおつまみを買いファミレスで待たせていた彼女を家に案内して最初にお風呂に入れて自分が入り風呂上がりのビールを飲んで焼酎を飲んでかなり酔っぱらってきたので秘蔵のビデオを見せました、もろの本番物です、彼女が目を輝かせているのを見て後ろから抱き寄せてキスをするとそのまま押し倒しました。

彼女は翌日東京へ帰りました、こちらに来るときは電話をしてくれて今では必ず家に泊まります。ホテル代が浮きますからね、それに好きなことが出来ますから、女性にはいい思い出があります、不倫をしてるのを見てしまい、口封じに一回関係を持ちました、タクシーは相手の家の前まで行けますから旦那さんタクシー運転手は気を付けてくださいよ、奥さんが狙われてますよ。

惰性で仕事をしていては稼げないけど、自分の時間が増え、趣味や家族にも費やせる

タクシー運転手の魅力としてやはり歩合給にあると言えます。自分が一日で売り上げた金額の約60パーセントのインセンティブが発生する会社が多く、今まで勤めてきた会社の給与よりもアップしたというお話を聞きます。かくゆう私の友人も今までは30代までアルバイトのうだつの上がらない日々を過ごしていましたが、ひょんな事からタクシー会社に就職し、毎日楽しく仕事をしているとの事です。

もう一つの理由としてはタクシー運転手には隔週勤務という形態があり、一日20時間働く分、次の日は必ず休みになり、月の大半を休みに出来る事もおすすめだと言っております。労働時間が問題視されている昨今、この業態でこの給与を頂けている事に彼は非常に満足しているとの事です。タクシー運転手は二種免許さえ取ればだれでも始められる窓口の広い職業の一つです。フリーターや現在職に就いてない方はそのまま定職に就かない日々を送るよりかは、タクシー会社に転職してバリバリ働いたらいいのではと思います。なんといっても自分の時間が増え、自分が本来やりたかった事にも時間を割けられるこんな職業はないと思います。

この職業は以前から定職を失った方や、会社勤めを引退した方がやっていると思われがちですが、ここ最近ではこんなホワイト企業はないと若者にも人気で転職を考える時に選択肢の一つとして考える方も増えているとの事です。実際にタクシー会社に転職し、家族との時間が増え、今までおろそかにしていた妻や子供との時間を共有する時間が増え、関係性も良くなったとの喜ばしい声も聞こえてきます。

又は、自分が趣味でやっている音楽など、本来人生の目的としてしたかった事や、目標としている事などに時間を費やせられると、これまでの職業からは考えられないような日々を送っている方もいらっしゃいますのでこれから転職を考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

又なんといってもこのお仕事の魅力として、煩わしい人間関係がない事にもあるようです。多少出庫前に本日の作業確認などはあるようですが、一歩営業所を出たらそこからはもう自分次第です。営業所に戻るまでは上司と一緒に過ごす必要性もありませんし、気楽に仕事を進められます。会社勤めをしていて、人間関係に悩まれている方や、一人で仕事をしたいという願望をお持ちの方にはうってつけのお仕事なのではないでしょうか。

ただし、自己管理がしっかりと出来る方でなければこのお仕事は勤め上げられないと思います。その理由として、誰の目も気にしなく自由に仕事が出来るのはメリットの一つですが、その代わり、しっかりと仕事をこなさなければ給与に反映されないのも事実です。自分に甘んじて仕事をサボっていたりすると、給与も上がりませんので注意してもらいたいところです。

私の友人は入社祝い金というものも貰えたと言っていました。現在多くのタクシー会社がこの入社祝い金を支給しているようで、転職活動で資金に余裕のない方にはとてもありがたいようです。彼が言っていたのは一年間はしっかりと勤めないとその入社祝い金を返金しなければならないと言ってましたのでそこは注意が必要です。又、二種免許費用も捻出してくれるタクシー会社が多いようです。普通に自分で取ろうとすると20万円弱かかりますので、そこも魅力らしいです。これに関しても二年間は勤めないと返金対象になるらしく、やはり、2年間は勤めないと費用は返金しなければならないようですので、タクシー運転手を少なくても2年間はやると覚悟を決めた方は是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

労働環境や給与面で不満がある方は是非転職の一歩を踏み出してみてくださいね。

お客様の心に残る「安全・無事故・快適」の乗務を目指して

タクシーの運転手になって、かれこれ15年がたちます。 車の運転が好きで、自分のペースで仕事ができるのではとの安易な考えからこの仕事に就きましたが、良かったと思う部分と、大変だったという部分があります。 しかし、総合的に考えると、この仕事に就いて良かったと思っています。 それでは、タクシー運転手になって良かったということについて書いてみたいと思います。

タクシーを利用するお客さんが望むこと。それは、最短時間で、最安料金で、快適に目的地に着きたいということだと思います。 これにお応えしようと、私は努めています。 私は東京を中心に走っており、23区内を移動することが多いですが、時々、多摩地域や、千葉、神奈川、埼玉方面、さらには首都圏近郊まで走ることがあります。 今は、ナビゲーションシステムが普及していて、お客さんから行き先を告げられた段階で、目的地を入力して、ナビの指示に従って運転する運転手が増えています。 私は、これを極力やらないようにしています。 自分たちは運転のプロです。ナビに従って運転するのであれば、一般の人々と同じになってしまうではないですか。

それに、ナビは機械的に指示を出してくれますが、案外、「抜け道」などを指示してくれることはないのです。 ナビも知らないような、便利な抜け道をどれだけ知っているか。これがタクシー運転手の力量だと思います。 抜け道を走っているときに、お客さんから「運転手さん、よく知ってるね、この道」と言われると、運転手冥利に尽きます。 抜け道をマスターするためには、ふだんから地図を眺めながら研究し、実際に走ってみて覚えていくしかありません。 「そんなことをしなくても、便利なナビを使えばいい」と言えばそれまでですが、タクシーを使うお客さんは、タクシーが「贅沢な乗り物」であると思っている人が少なくなく、少しでも近道を通って料金を安く、早く目的地に着きたいと思っています。 それに応えないで、どうしてプロの運転手と言えるでしょうか。 「東京のタクシーの運転手は態度が悪い」「愛想が無い」と言われていたことが一時期ありました。今では、各社とも、お客さんへの接客態度について厳しくなっていますが、料金を頂いているお客さんに悪い態度で接するなど、プロとしてもってのほかだと思います。 確かに、お客さんの中には態度が悪い人がいます。「金を払っているんだから、払っているほうが主人で、もらっているほうが従者だ」と考えているお客さんもいることでしょう。 しかし、運転手として、どんなお客さんでも、「このタクシーに乗って良かった」と思わせられたら、どんなに嬉しいことか。 お客さんの中には、楽しい気分で乗ってくる人もいれば、大切な商談を前に緊張している人、家族に不幸があってつらい気分の人、腹がたつことがあってイライラしている人等、いろんな状況の方が乗ってこられます。 そうした方々のそれぞれの状況に合わせて接することは、タクシー運転手としての醍醐味だと思います。 話がしたそうな人には、「きょうは暑いですね」と声をかけてみる。静かにしていたい人はそっとしておく。イライラを口にしている人には「大変ですね」と言ってみる。そのように、その場の空気を読みながらハンドルを握ることは、とてもやりがいがあります。

お客さんを乗せて、平均して10分程度で目的地に着くことが多いです。この限られた時間、限られた空間の中で、お客さんに「気分がリフレッシュできた」「これから頑張ろう」と思ってもらえるようにするのが、「安全・無事故」の次に大事な私たちの目標だと思っています。 あと何年、タクシー運転手を務められるか分かりませんが、力の限り、一期一会を大事にしながら、お客さんの心に残る無事故の乗務を続けていこうと思っています。

働くドライバーさんたちの生の気持ちを集めました

タクシー業界のプロフィール

タクシードライバーは国民生活に欠かせない職業

タクシーは、個々のお客様のニーズに合わせて、ドア・ツー・ドアの輸送サービスを提供しています。
鉄道やバスなどの輸送手段が特定の駅や決められた時間にしか利用できないことに比べて、 タクシーはお客様のニーズに、よりきめ細やかに対応することができます。
タクシードライバーは、お客様の生活になくてはならない職業なのです。

以下は、輸送機関別の輸送人員を比較したものです。
鉄道やバスが圧倒的に多く、ハイヤータクシーの輸送数はそれらに比べると少ないものです。
その代り、1件1件のサービスをきめ細やかにして、お客様に必要とされているのです。

タクシーってどれくらいいるの?

全国には、ハイヤー・タクシーが240、853台走っています(平成26年度)
タクシーの種類には、「法人タクシー」「個人タクシー」「ハイヤー」があります。

法人タクシーは、タクシー会社が車を用意し、社員がそれに乗務してサービスを提供します。
個人タクシーでは、個人が車を用意し、自らそれに乗務してサービスを行います。
ハイヤーは予約制で、一定の日・時間の間、車(と運転手)を貸し切りにするサービスです。

全国のハイヤー・タクシー数は近年減少しています。
これには、2008年から始まった国土交通省通達による供給抑制策が影響しています。

営業区域とは

タクシーは、定められた営業区域内で営業しなければなりません。
発地及び着地のいずれもが営業区域外に存する旅客の運送をしてはならないと、道路運送法によって定められています。
営業区域は、その域内でのタクシーの需給を恣意的に調整することを目的としています。
全国には643区域が存在します。

将来個人タクシーを始めたい人は、個人タクシー開業の条件として「xx営業区域でのタクシー乗務経験x年以上」 といった制約がある場合があります。そのため、最初の法人タクシーを始める営業区域選びも慎重に考えなくてはなりません。

タクシー参入規制緩和とは

2002年にタクシーの数量制限規制が廃止されました。
具体的には以下のような変更がありました。

  • 認可制 -> 届出制
  • 最低保持台数60台 -> 10台
  • 営業所および車庫「所有」->リースでも可
  • 導入車両は新車であることー>中古車で可

    これにより誰でも簡単に業界に参入できるようになったため、タクシー車両は大幅に増加しました。 特に10台ぎりぎりから参入した事業者が多く、これらが経営効率上昇のため、増車を繰り返してきています。

     icon-chevron-up ページトップへ