タクシードライバーのみなさんのクチコミ

小遣い稼ぎや生活費の足しに、必要な分だけ、のんびりゆっくりと働きたい、そんな年金生活者の理想の仕事かもしれません。

タクシー運転手という仕事の魅力の一つは、仕事の量を自分の必要分に見合った量に調節出来るいう事だと思います。

私は今までは仕事の収入だけで生活費を賄っていたので、目いっぱい仕事をしなければなりませんでした。若い時には無理が効きましたが、年齢を重ねるとそれまでと同じペースで仕事をするのが辛くなっていました。今、年金を貰える歳になって、生活をしていく上で必要な金額を年金と仕事で得られるようになり、少し仕事の量を減らしています。随分と体は楽になりました。

一般の会社ではこういう訳にはいかないのではないでしょうか。普通の会社では会社全体としての仕事の量があって、その仕事を各部門・各個人が互いに協力しあって完成させているので、自分だけ仕事量や質を落とす訳にはいきません。例えば自分が割り当ての仕事を遅らせるとそれ以後の他の人の仕事も当然遅れる事になり、最終的に完成期日が遅れるか、何処かで誰かが辛い目をして頑張ってその遅れ分を取り戻す事になります。どちらにしても何処かに迷惑をかける事になります。

しかし100パーセント自分一人で完結させるタクシーの仕事では全くそんな心配はありません。同僚に何ら迷惑をかける訳でもありません。強いて言えば会社の売り上げはその分落ちる事になるので、多少は小言を言われるかもしれませんが、元々売り上げは各運転手によりピンからキリまで千差万別なので、回りと比べて余程少な過ぎない限り一般の会社の様に上司の雷が落ちるという事はありません。

だから年齢、体力、生活に必要な収入等々に応じて仕事量を自分で決められるのです。定年退職後の年金受給者や、趣味など他のやりたい事に時間を割きたい人には、こんな都合の良い仕事は無いと思います。

また自分都合で調節出来るのは仕事量つまり収入だけでは無く、仕事をする日も結構自由です。逆に言えば休日の取り方の自由度が大きいのです。

タクシー会社によって運転手の休日の取り方は様々ですが、基本的に会社全体が一斉に休みという事はまずありません。1年365日、年中無休で会社は営業しているのが普通です。従って運転手は交代で休日を取る訳ですが、毎月の勤務交番が会社から提示される会社があったり、運転手の希望で休みの曜日を指定できる会社があったりと会社によって色々ですが、病気・用事その他での欠勤については一般の会社ほどうるさくありません。会社としては欠勤を減らす指導を大なり小なり行っていますが、一人で完結するという仕事の性質上、実質的には誰にも実害が無いのでつい勤怠に関しては緩くなりがちの様です。運転手に年寄りの比率が多く、体調不良を起こす頻度が高いのも休みに厳しくない原因かもしれません。

いずれにしても、今月の売り上げはもう十分だとか、ちょっと趣味の何かの催し物が開催されているとか、嫁との小旅行だとかで急に休みが欲しい時、概ね気安く休みを取る事が出来ます。ただこれは勿論タクシー会社によってその厳しさ具合は変わってきます。

そしてもう一つの魅力はナガラ仕事が出来るという事です。ラジオは聞き放題です。勿論お客様の乗車中はそういう訳にはいきせんが、それ以外の時間は野球でも歌番組でも落語でも好きなだけ聞く事が出来ます。また駅などで客待ちの仕事をする場合は読書も可能です。スマホでゲームやネットサーフィンを楽しんでいる人も沢山います。夢想が好きな人は好きなだけ夢想する時間が有るでしょう。パチンコ愛好家の運転手はパンチコ店に入ってしまう事があるようですが、これはナガラ仕事ではなく単なるサボりになるので止めた方が良さそうです。

お客様を乗せて走った距離の、全走行距離に対する割合を示す実車率という数字があって、これが余程忙しくても4~6割なのです。つまり一日に走る距離の半分前後は自分一人なのです。この時間は自分の好きな事がやれる自分の時間の様なものです。

 icon-chevron-up ページトップへ