タクシードライバーのみなさんのクチコミ

このタクシー業界は、どんな方でも活躍できる機会がある業です!

これから業界を目指す方は、このタクシー業界に少し不安感を抱いている方も少なくないと思いますが、記事を読んでいただいて少しでも明るい業界もあるという事を知っていただければと思います。

1.仕事を行うときは個人の判断は重要。

世の中には様々な業界、仕事があります。そのすべてという訳ではありませんが、たいていの仕事には仕事依頼する人、受注する人、仕事を行う(実行する)人、など仕事をするうえで、組織の中で分業化されていることが多いでしょう。タクシー業界ではたいていの仕事は一人で行わなければならない技術が求められます。サポートをしてくださる方はいますが、基本的には一人で現場にいることが主なのでチームワークというよりも一人で主体的に行わなければならに分けですから、一人でもくもくと業務に打ち込みたいという方はこの業界に向いていると思います。

2.仕事はちょっとした小旅行。

すべてのお客様がという訳ではありませんが、タクシーを利用される方は観光客の方も多いので、各都道府県の名所であったり有名な観光地や繁華街へとお客様をご案内する事があります。タクシードライバーは最近、観光コンサルタントと呼ばれる事もあり、観光地案内のプロでもあります。仕事とはいえ、景色の良い場所へお客様を案内した後は、自身のリフレッシュにもつながります。道中はお客様から、何がおすすめなのか、どういった土地柄なのか等、質問されることもあるので、少なくとも観光地近辺の知識は蓄えておかなければならないですが、旅行が好き、ただオフェスワークが苦手で、もっと外で活躍したいという方は仕事を前向きに楽しむことができるかもしれません。

3.接客力やトーク力がある方

当然のことですが、タクシーではお客様を安全に目的地へと案内しなければならない他に、最近では、接客力を求められる事が多いです。人をお客様として迎え入れる業界の接客力が年々高まり、タクシー業界も親切、丁寧な対応をしなければ、お客様のリピート率も下がり、最悪の場合、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。その為、前職が営業、接客、などサービスについて心得ている方は、お客様の気持ちを引き寄せる事が出来、よい評価を得ることができるでしょう。また接客力だけではなく、明るい話題でその場を盛り上げる事が得意な方も同様です。タクシーという狭い空間の中に見知らぬ人同士でいるという事は双方、不安に感じる事もあります。そうした時に空気を察して明るい話題を提供する事ができれば、目的地までの業務が楽しく過ごすことができます。なので、マナーには自信がないという方でも、人と明るくコミニケーションをとることができるという方は、仕事にとって大きな長所に繋がります。

4.業界には難しい技術知識は不問です。

といっても、車を運転する技術は上げていかなければなりません。また乗務するのに必要な資格も取得しなければなりませんが、会社によっては研修前に資格取得の支援を行っている会社もあるので安心して入社していいと思います。ただし入社前にはしっかりと規約を確認しておきましょう。中には数割の補助しか行わないであったり最低限のコース分しか補助が出ない場合もあるので、これは面接の段階で確認しておきましょう。ですが無事に資格を取得された以降は、その資格だけで仕事を行っていくことができます。他の業界(会社)によっては、たくさんの資格の取得を促し、仕事の後には勉強しなければならないという負担がありますが、タクシー業界では、そういった負担はあまりありませんので、運転技術に自身がある、または今後、運転技術をさらに高めていきたい方はおすすめいたします。

 icon-chevron-up ページトップへ