タクシードライバーのみなさんのクチコミ

タクシーの仕事は自分に合えばこんな自由な仕事はありません。

【自分一人だけで行う仕事】

タクシーの基本的な仕事を簡単に説明すると、ある客をある地点で乗せてある地点で降ろす、という実に単純な作業の繰り返しです。これを「流し」の仕事といいます。 ですから一つの仕事に係わるのはほぼ100パーセント自分一人です。もちろん冠婚葬祭などの様に「台数口」という複数の車で多人数を乗せる仕事もあり、この場合は他の運転手との共同作業になりますが、それはごく一部で台数口の仕事は本人の自由選択になりますから、全く他の人と係わらずに仕事を行う事も可能なのです。

通常のほとんどの会社では一つの仕事を行う時、社内の複数の他人と係わりながら行動する事が普通です。 上司の指示に従って行動し、途中経過や結果を報告します。また同僚や他部署の人達と連絡を取り合って仕事の進行具合などを調整する事も必要です。また部下やパート・アルバイトの補助要員に仕事の一部を支持したり、チェックしなければならない事もあるでしょう。 こんな風に仕事が進む中で多くの人が関連してタイミングを合わせて行動しないと一つの仕事は完成されません。そんな中で体調不良や寝坊、凡ミスやうっかり忘れなどで自分の受け持ちを遅らせれば、他の人達に多大な迷惑をかけ、ひいては全体として仕事の遅れや未完成に繋がります。

会社勤務の経験のある方なら、このストレスがどれほど大きいか分かるでしょう。仕事が自分一人だけで完結できる事の気楽さがタクシーの仕事の一番の魅力です。 それではこの魅力をもっと具体的に説明します。

【時間が自由】

欠勤・遅刻・早退は実際的に誰にも迷惑が掛かりません。もちろん会社ですからこれら勤怠が全くノーマークといわけではありません。一応の決まった出社退社の時間はありますが、一般の会社の様に、5分遅刻で上長の大目玉という事はあまりありません。仕事途中の食事などの休憩についても同様です。 この事による悪影響は自分と会社の売り上げが減る事だけで、他の同僚などには全く影響しません。会社によって勤怠の厳しさの程度は様々ではありますが、全体的にはかなり緩いと言えます。

【自分のペースで仕事】

この様に時間がある程度自由になるという事は、自分の必要な収入に合わせて働く程度を調整できるという事です。タクシーの収入は時間給でも月給制でもなく歩合制です。だから収入を多くするのも少なくするのも自分で調整できます。 法律で、タクシーの勤務時間は1日13時間まで、連続して13日間までと決まっています。ですから沢山稼ぎたい人は、1日13時間の勤務を1ヶ月2回の休みだけで続ける事が理論上は可能です。逆に、年金など副収入がある人は、会社に注意されない程度にサボる事もできるわけです。

【計画も準備も要らない仕事】

冒頭で説明した通りの一つの仕事が単体で完結するので、その仕事に関して計画・準備・根回しなど事前作業は全くありません。客が下りればその時点で仕事は終了で、苦情や忘れ物以外は事後作業も皆無です。 だから1日の勤務が終了すれば帰宅後は頭の中は真っ白で、次の日の勤務開始までは仕事の事を考える必要は全くありません。得意先や上長への報告連絡など懸案事項のないプライベートタイムがいかに幸せかは、宮仕えの経験のある方なら分るでしょう。

【横入いりの仕事は無し】

一般会社にお勤めの方なら、ある仕事について計画を考え段取りして作業している最中に上司や取引先から別の案件を頼まれたり、突発の事故などが発生して計画が崩れて段取りを最初からやり直すという経験が必ずあると思います。 自分一人で完結するタクシーの仕事ではまずこんな心配はありません。自分一人が1台の車を運転して今の客を送っているのですから、横から別の仕事が入る余地は物理的に無いのです。今の仕事だけに100パーセント集中できる事の素晴らしさもタクシーの仕事の魅了の一つです。

【嫌な同僚とは無関係】

会社での悩みの一つに職場の人間関係があります。周囲の人たちと係り合いながら仕事を進めていく会社では嫌な人間とでも関係が発生してきます。仕事を進める為にはどんなに嫌いな相手でも付き合わなければいけません。 自分一人で行うタクシーの仕事ではこんな悩みもほとんどありません。嫌な同僚がいても全く口をきかずに毎日を送る事ができます。出庫から入庫までは完全に自分一人なのですから。

【嫌な客は避けられる】

タクシーの客は不特定多数です。だからどんな客に当たるかは運次第です。ほとんどの客は普通の人間ですから、大抵問題なくスムーズにこなす事ができます。極々稀にとんでもない非常識な人間に当たる事は事実ですが、それでも対応している時間はホンの何分間です。その上、続けて毎日同じ嫌な客が乗って来る事はまずありません。良く観察していれば、その客が来たらさっさと逃げる事もできます。 一般の会社の営業マンの様に嫌な客でも付き合って行かねばならない苦労はありません。

【まとめ】

タクシーの仕事は基本は接客業です。ですからそれなりの大変さは当然ある反面、接客業ならではの喜びも得られます。 また、収入的には歩合制で厳しいものがあり、稼げる金額の割には拘束時間が長く休日の少ない欠点もあります。 しかしここで述べた様な沢山の魅力も併せ持っている職業なので、自分の性格や考え方、ライフスタイルに合えば、相当自由度の高い職業ではあります。

 icon-chevron-up ページトップへ