タクシードライバーのみなさんのクチコミ

誰かと一緒に仕事して行くのはもうたくさんだ!一匹オオカミ、自分の体とタクシーひとつ。タクシードライバーになって、あなたも悠々自適を手に入れましょう!

初めまして。私は44歳、男、都内でタクシードライバーをしております。社会的地位が高いわけでもないし、賃金も特別高くはない仕事ですが、私にとってこの仕事は、苦節20年の人生でついにたどり着いた天職だと言えます。私の体験が、これからタクシードライバーになりたいと思っている、もしくは今の仕事をとにかくやめたい、高齢でも再就職できる仕事を探している、そんな方の一助になれば幸いです。

まず、私、前職は不動産の営業マンでした。皆さんのご想像通りブラックな仕事でして、来る日も来る日もお客様との物件取引のノルマに追われていて、残業は当たり前、営業課で表彰されたこともありますが、いつも数字を気にして仕事をしている毎日に、なんのために生きているのだろう、と軽いうつ状態になってしまいました。30代後半に差し掛かるとそれは顕著になります。上司と部下の間に位置するいわゆる「中間管理職」になるわけです。毎日の営業活動の他に、部下の評価をする仕事もこなさなくてはならなくなり、体と心は疲弊しきっていました。とうとう、限界を迎えて、仕事を休むようになってしまい、これ以上会社に迷惑をかけるわけにも、自分のからだも耐えきれない、と仕事を辞めました。再就職先も当時は決まっておらず、途方にくれておりました。

貯金も底をついてきたある日、一念発起して再就職に向けて活動し始めました。結局、他業種への就職を諦め、同業種の仕事を探していたのですが、いくら人手不足の不動産営業分野といえども、学もない、中年の私の就職活動は苦しいものになりました。その旨を地元の友人へ相談すると「タクシードライバーなんてどうだ?高齢の人がたくさん頑張っているぞ?」とアドバイスしてくれ、全く思いもつかなかった私は「これだ!」と意気揚々。早速、タクシードライバーの仕事について調べ始めました。

タクシードライバー業界も慢性的な人手不足ということで、再就職活動には追い風だと思いました。また、自分と同じように他業種で心と体が疲弊した方が行き着くケースが多いということで、負い目を感じることもないのかな、と思いました。これは後に実際に就職してわかったのですが、実際、同じような方、人生の先輩方がたくさん在籍していて、助かっています。そして、給料面ですが、やはり人口の多い、需要がある都会、特に都内が給与面では一番期待できるということで、一念発起、東京都での就職活動をし始めました。

実際に面接に行くと、今までの面接とは異なり、私のような経歴、年齢のものを蔑ろにする雰囲気はなく、受け入れていただきました。自分でもびっくりするほどすんなりと決まりました。40代のタクシードライバーは、業界ではまだまだ若手と言われる層であるらしく、むしろウェルカムだと言っていただけました。

実際の業務内容ですが、本当に満足しています。朝、営業所に出向き、勤務終了後、営業所に寄るだけで、あとははタクシーと己の体一つで勤務できるので、職場の人間関係に悩まされることはありません。お客様とのトラブルがないわけではないですが、仕事場のように派閥などがあるわけではないのですが、業務内容の一部だと割り切って対応できています。

勤務時間に関しては朝から深夜まで働くことになり、一度の勤務時間は前職よりも長いのですが、勤務した次の日は必ず休みをいただけるので、疲れが蓄積して行くということがないのが大事です。歳も歳ですし、体力面は心配ですからね。また、私は海外旅行が趣味なのですが、この仕事は長期休暇が取りやすいのも魅力的です。タクシーは歩合制給料となりますので、たくさん休んでも自分の歩合が減るだけです。会社勤めの頃よりも趣味をエンジョイできています。

以上、私の他業種からの転職経験談でした。今の職場の人間関係や休みの取れなさで疲弊してる方はぜひタクシードライバーになってみてはいかがでしょうか。

 icon-chevron-up ページトップへ