タクシードライバーのみなさんのクチコミ

タクシードライバは究極のホワイト職種?!

タクシー運転手は労働環境や人間関係に縛られない非常に気楽な面がある職業の一つだと言えます。しかし、給与に反映させる分はしっかりと自己管理を怠らず、惰性で仕事をしていては稼げない面もありますので、怠け癖のある方は注意が必要です。その分休みも多く、自分の時間が増え、趣味や家族にも費やせるいいメリットがありますので、これまでの会社で何か不満をお持ちの方は是非考えてもらいたい転職先の一つです。タクシー運転手になって給与も増え、自分の時間も増える方も多いのは事実ですので是非考えてみてくださいね。

タクシー運転手の魅力としてやはり歩合給にあると言えます。自分が一日で売り上げた金額の約60パーセントのインセンティブが発生する会社が多く、今まで勤めてきた会社の給与よりもアップしたというお話を聞きます。かくゆう私の友人も今までは30代までアルバイトのうだつの上がらない日々を過ごしていましたが、ひょんな事からタクシー会社に就職し、毎日楽しく仕事をしているとの事です。

もう一つの理由としてはタクシー運転手には隔週勤務という形態があり、一日20時間働く分、次の日は必ず休みになり、月の大半を休みに出来る事もおすすめだと言っております。労働時間が問題視されている昨今、この業態でこの給与を頂けている事に彼は非常に満足しているとの事です。

タクシー運転手は二種免許さえ取ればだれでも始められる窓口の広い職業の一つです。フリーターや現在職に就いてない方はそのまま定職に就かない日々を送るよりかは、タクシー会社に転職してバリバリ働いたらいいのではと思います。なんといっても自分の時間が増え、自分が本来やりたかった事にも時間を割けられるこんな職業はないと思います。この職業は以前から定職を失った方や、会社勤めを引退した方がやっていると思われがちですが、ここ最近ではこんなホワイト企業はないと若者にも人気で転職を考える時に選択肢の一つとして考える方も増えているとの事です。実際にタクシー会社に転職し、家族との時間が増え、今までおろそかにしていた妻や子供との時間を共有する時間が増え、関係性も良くなったとの喜ばしい声も聞こえてきます。又は、自分が趣味でやっている音楽など、本来人生の目的としてしたかった事や、目標としている事などに時間を費やせられると、これまでの職業からは考えられないような日々を送っている方もいらっしゃいますのでこれから転職を考えている方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

又なんといってもこのお仕事の魅力として、煩わしい人間関係がない事にもあるようです。多少出庫前に本日の作業確認などはあるようですが、一歩営業所を出たらそこからはもう自分次第です。営業所に戻るまでは上司と一緒に過ごす必要性もありませんし、気楽に仕事を進められます。会社勤めをしていて、人間関係に悩まれている方や、一人で仕事をしたいという願望をお持ちの方にはうってつけのお仕事なのではないでしょうか。ただし、自己管理がしっかりと出来る方でなければこのお仕事は勤め上げられないと思います。その理由として、誰の目も気にしなく自由に仕事が出来るのはメリットの一つですが、その代わり、しっかりと仕事をこなさなければ給与に反映されないのも事実です。自分に甘んじて仕事をサボっていたりすると、給与も上がりませんので注意してもらいたいところです。

私の友人は入社祝い金というものも貰えたと言っていました。現在多くのタクシー会社がこの入社祝い金を支給しているようで、転職活動で資金に余裕のない方にはとてもありがたいようです。彼が言っていたのは一年間はしっかりと勤めないとその入社祝い金を返金しなければならないと言ってましたのでそこは注意が必要です。

又、二種免許費用も捻出してくれるタクシー会社が多いようです。普通に自分で取ろうとすると20万円弱かかりますので、そこも魅力らしいです。これに関しても二年間は勤めないと返金対象になるらしく、やはり、2年間は勤めないと費用は返金しなければならないようですので、タクシー運転手を少なくても2年間はやると覚悟を決めた方は是非ご検討してみてはいかがでしょうか。労働環境や給与面で不満がある方は是非転職の一歩を踏み出してみてくださいね。

 icon-chevron-up ページトップへ