タクシードライバーのみなさんのクチコミ

タクシードライバーという仕事を条件分析

このご時世景気は上向きだとか雇用は売り手市場とは言われますが、それは万人に当てはまる話では無いと思います。まだまだ労働条件の悪いブラック企業は多いですし、売り手市場とは言っても全ての業界がそうではありません。また、何度も転職を繰り返す事も珍しい事ではなくなったように思いますが、年齢やスキルの問題で転職先は限られていくことは否定できない現実でしょう。しかしその中で比較的転職しやすいと思われる業界の一つがタクシードライバーではないでしょうか。転職を考える原因はひとそれぞれでしょうが、私が思うに多くは人間関係です。どんなにスキルがあってその業界が好きであっても、同僚や上司は選べません。どんなに好きな仕事であっても同じ空間に嫌な人間がいれば気が滅入りますし、ましてや上司と合わなければ進む仕事も進みません。そんなきっかけで転職を考える人にとっては、タクシードライバーというのは魅力的に映るのかもしれません。一度車に乗れば上司はいません。同僚の目もありません。そういう意味では人間関係に悩む人にとってはタクシードライバーはその悩みを解消してくれる職場でしょう。会社員(個人ドライバーでなければ)でありながら自営業のようないいとこ取りに見えます。確かにそうでしょう、しかし良い面があるからと言ってそれが転職を決めいい全てではありません。どんなにいい会社でも必ずマイナス面もあるのが当然です。例えば、タクシードライバーの収入は最低保証額はあってもその大部分は歩合制ありきです。売上を上げるためには、細かな道を覚え・抜け道を覚え・時間帯曜日ごとの渋滞情報をおさえ、尚且つそれを踏まえ、イベント情報を押さえ人の流れを押さえ会場から最寄り駅までの客を拾うなど頭を使い効率良く稼ぐ必要があります。それが出来なければ売り上げは立ちませんし、引いては生活も成り立ちません。その他にも夜勤があれば生活リズムは狂います。家族や友人との時間も削られますし、お酒も次の乗務を考えて飲まなければ仕事に響きます。このご時世飲酒運転なんてやろうものなら乗務どころか人生終わりです。嫌な上司は隣には居ませんが、嫌な客は乗ってきます。

ここまでマイナス面ばかり強調しましたが、それを覚悟の上ならば、タクシードライバーへの転職も悪くはないと思います。どんな仕事も一長一短です。頑張らないと稼げないのはどの業界でも同じです。むしろ、頑張れば稼げる可能性があるだけでも優良な仕事だと言えます。また、ゆくゆくは個人ドライバーとしての道が開ければ、まさに個人事業主。嫌な上司に気をつかう事もなく、出退勤も自由・売上管理も自分の裁量。会社員の憧れる業務スタイルがとれます。

転職は何度回数を重ねてもやはり人生の重大な選択です。どうか安易に考えず、自分が転職を考える原因は何だろう、何を満たせば仕事に満足出来るんだろう。よく条件を整理し優先順位をつけ臨んで下さい。譲れない条件は決して譲ってはいけません。人間は妥協出来ない生き物です。妥協してもそれは一時の感情であり決して消える事はありません。後悔はやがて芽を出し、また自分を突き動かします。転職が珍しくないと言えど、一つに落ち着けるのであればそれに越した事はないはずです。転職は悪ではありません。良い仕事につけるかどうかは多分に運によるところが大きいものです。転職経験のない人は「根性がない」「考えが甘い」だの非難するかも知れません。しかし、それは運が良かっただけの人達です。転職経験があるからこそ、他の人達には無い知識と経験が必ずあります。それを活かす方法を見つけて生きていけばいい。ただそれだけのことなのです。

 icon-chevron-up ページトップへ